※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

不思議のダンジョンシリーズ

トルネコ2以降に登場するシステム。元々シレン1で初登場し、こちらでも採用された。
複数の武器・盾などを組み合わせて1つにすることが出来る。
この際ベースにした武器・盾に他の武器・盾の修正値や特殊能力が引き継がれる。
  • 例:鋼鉄の剣×妖剣かまいたち+3→鋼鉄の剣+3(3方向同時攻撃能力付き)
これを繰り返していくことでさまざまな能力が付いた強力な武器や盾を作ることが可能である。
しかし、トルネコ2では一度付いた特殊能力は【どくどくゾンビ】の能力を逆利用する以外に外す方法はないので、
マイナス効果のあるものまで合成しないように注意したい。
杖も合成可能だが、基本的に同種の杖を入れて回数を増やすことしか出来ない(例外はトルネコ3の【ゴッドスパークの杖】)。

トルネコ2ではトロ遺跡後に村に【合成屋】が開業し、不思議のダンジョン以降の多くのダンジョンには【合成の壺】が出現する。

トルネコ3からは【印】というシステムも登場したため無計画な合成は出来なくなっている。
また、指輪の合成や【異種合成】も可能になっている。
合成するには、グレートバレイナ城下町の合成屋を使うか、クリア後なら合成の壺を使う。
異種合成したい場合は【不思議の宝物庫】に出現する【バブリン】系モンスターを使おう。

少年ヤンガスでは指輪の合成システムが変化した(同種指輪の+値の重ねがけのみ)以外はトルネコ3と変化は無い。
合成するなら、鍛冶屋のブラミに頼むか、クリア後や異種合成したいなら合成の壺を使おう。