※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅦ

Ⅶに登場するキャラクター。
過去の【グリンフレーク】で繰り広げられる昼ドラ劇場重要人物の一人。グリンフレークハーブ園の御曹司である。
メイドの【カヤ】に惚れられているが、彼自身は【リンダ】を好いている。
リンダの好意がペペに向いているという現実は直視できていない。が、嫉妬はする。
おまけに、突っ走ると周りが見えなくなるわりには肝心なところでヘタレる性格のため、こっ酷く扱下ろされることになる(主にマリベルに)。

後にリンダと結婚し、【エペ】という一児を得るも、周囲の反対を押し切ってハーブ園をブドウ園に転換するも失敗。
財産を全て手放してしまい、飲んだくれの無職に転職する。リンダを酒場で働かせたり、強く当たったため、彼女に逃げられている。
その後は酒を止め、諦念めいた落ち着きを得た。

【ポルタ】がハーブ園の庭師の仕事を斡旋してくれており、息子に見張られて渋々するものの、仕事を勝手に終えて、「明日からは真面目に働く」などニートの言い訳そのもの。仕事も長続きしないらしい。
最後は「カヤの毒殺未遂事件は自分の指示である」として罪をかぶり、カヤとともに町から去って行った。
事件発覚前から息子宛の手紙を書き出しており、バレなくても出て行くつもりだったようだ。
そのお陰か、マリベルやエペからも少しだけだが見直されている。