※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅧ

竜神族の長老【グルーノ】の娘で、【主人公】の母親。
好奇心旺盛で、人間界に降りた際に、当時サザンビークの王子だった【エルトリオ】と恋に落ちてしまう。
それに激怒したグルーノによって二人は無理やり引き裂かれてしまう。
エルトリオの亡骸が竜神族の里近くで発見されたと聞いたウィニアは、嘆き悲しみ次第に衰弱していっていまう。
しかもこの時既にエルトリオとの子(主人公)を妊娠していた。
結果、主人公を生むのと同時にウィニアは死んでしまう。
なお、天の祭壇には彼女の墓が存在するが、実はこれはダミーで、亡骸は竜神族の里へと続く山道でエルトリオが力尽きていた場所に建てられた墓に、エルトリオと一緒に埋葬されている。
彼女の形見はエルトリオから贈られたという【アルゴンリング】であり、最終的にはグルーノから主人公の手に託される。