※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅥ

通常戦闘曲。
ゲーム音源では低いベース音とドラムが印象的だが、オーケストラ版では全く違った印象の曲となっている。

イ短調、4分の4拍子。
原曲のテンポは♩=140

シリーズ中で初めて本格的にベースとドラムをバリバリ使っている、異色の曲。

交響組曲版の方はベースラインをファゴットが担当せざるを得なくなっているので低音部の迫力不足が目立ち、ドラムセットが使われていないためリズム感を感じることができず、
曲に乗りにくいため、あまり良い評判は効かない。
なお交響組曲ではエンカウント時の 「トゥルルルル………」という効果音がこの曲の冒頭に組み込まれているが、SFC音源では別のMEとして扱われており、サントラには収録されていない。

DS版では無事ドラムセットとベースが取り入れられている。
ドラムとベースの音が弱いのが気になるが、一安心である。
だが、戦闘に入る際のあの目立つ効果音が無くなったのはかなり不評だった。

戦闘シーン以外では、現実世界の【ライフコッド】が魔物に襲われている場面や、はざまの世界の湖で宝の奪い合いが発生した際に使われる。