※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅢ

「わたしは しゃべるうまの エド。
 みなさんに いいことを おしえましょう
【スー】在住の人語を操る謎の馬。【かわきのつぼ】を使う場所を教えてくれる。しかも丁寧口調。
世界樹の葉の場所を教えてくれる猫と共に、強烈なインパクトを残した名馬。
ただし、こちらが1人であっても「"みなさん"にいいことを…」と、人数を正しく把握せずに発言したり、
へんげのつえでモンスターに変身して話しかけると、さすがのエドも慌てたのか
「いーひひひひーんっ!」と人語を忘れ、馬本来の反応しかできないようである。

元ネタは1960年、アメリカのドラマ「Mister Ed」だろう。
この作品には人の言葉を話すことができる馬が登場しており、後に日本でも放送された。

トルネコ1、2

Ⅲのエドは馬であったが、こちらは人語を解し人語を話すホモサピエンスである。

職業は大工で、相方の【モンド】と合わせてエド・モンドである。
モンドと共にトルネコの店の増築を手伝ってくれる人物。
モンド共々ストーリーの途中で【分裂の杖】で分裂してしまい、以降村には2組4人のエド・モンドがウロウロする事になる。
その後、トルネコが【しあわせの箱】を持ち帰った際に分裂したエド・モンドは消滅。
そしてトルネコが【奇妙な箱】を持ち帰った後に2人はコンビを解消し、エドは旅へ出るモンドを見送ったのであった。

かくしてモンドが居なくなってしまったため、トルネコ2ではエドだけが登場。
金を支払うことでトルネコの家の倉庫を拡大してくれる。