※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅣ

導かれし者の一員【マーニャ】【ミネア】の育ての親。
南西大陸のコーミズ村に居を構え、大陸一の強国キングレオの王をスポンサーとして錬金術の研究を行っている。
【オーリン】をはじめとして弟子も多かったが、マーニャによれば 「下っ端」 の弟子である【バルザック】によって殺害され、研究成果を奪われた。

公式小説によればエドガンは実の父親ではない。
【コーミズ】村近郊で旅回りのジプシーが山犬の群れに襲われ全滅。
辛うじて生き残ったマーニャとミネアの姉妹を引き取ったのがエドガンとされる。
幼かった姉妹たちにとっては、何でも知っている彼は 「世界一の英雄」 であったそうだ。
単なる錬金術師ではなく、マーニャと初めて出会った際金色のオーラを纏って見えた事、進化という概念の無い時代に進化について研究していた事から、本物の聖人か、あるいは時代を誤って生まれてきた天才だったと思われる。
また、彼が隠し研究所にもしている【コーミズ西の洞窟】は、公式小説によると南西大陸に遥か古代に優れた文明を築いていた滅び去った民族の遺産であるらしく、ここを足繁く通って機巧を研究していた。