※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

主人公用 習得特技と必要SP(スキルポイント)

習得SP 称号 習得特技及び特殊能力
格闘の基本動作 素手時攻撃力+5
11 期待の格闘家 大防御
17 怪力格闘王 石つぶて
24 黒帯格闘王 正拳突き
33 格闘界の超新星 素手時攻撃力+20
42 格闘の師範代 真空波
52 格闘の師範 素手時会心率上昇
70 格闘の免許皆伝 爆裂拳
83 オーラファイター 岩石落とし
100 バトルマスター 素手の時攻撃力+50

ヤンガス用 習得特技と必要SP(スキルポイント)

習得SP 称号 習得特技及び特殊能力
格闘の基本動作 素手の時攻撃力+5
力自慢 素手の時素早さ+10
15 村のチャンピオン 正拳突き
18 街のチャンピオン 素手時会心率上昇
25 地方のチャンピオン 素手の時攻撃力+20
33 国の代表選手 忍び走り
42 国内チャンピオン 真空波
60 大陸チャンピオン 爆裂拳
77 世界王者 素手の時攻撃力+45
100 スーパー・グランド・マスター 岩石落とし

ゼシカ用 習得特技と必要SP(スキルポイント)

習得SP 称号 習得特技及び特殊能力
格闘の基本動作 素手時攻撃力+5
13 ファイターガール 素手時素早さ+10
19 コロシアムデビュー 石つぶて
28 セミファイナリスト 素手時会心率上昇
35 ファイナリスト 素手時攻撃力+20
45 コロシアムチャンプ ムーンサルト
52 バトルフェアリー 素手時身かわし率上昇
68 バトルプリンセス 真空波
85 バトルクィーン 素手時攻撃力+35
100 クィーン・オブ・グラップラー マダンテ

ククール用 習得特技と必要SP(スキルポイント)

習得SP 称号 習得特技及び特殊能力
格闘の基本操作 素手時攻撃力+7
14 モンク 素手時素早さ+10
21 ウォリアーモンク 素手時身かわし率上昇
28 マスターモンク 素手時攻撃力+15
35 パラデイン 正拳突き
42 グレイトパラデイン ムーンサルト
54 セイントパラデイン 素手時会心率上昇
68 ガーディアン 大防御
82 ホーリーガーディアン 素手時攻撃力+40
100 ロイヤル・ガーディアン ミラクルムーン

解説

Ⅷにおけるスキルのひとつ。
その名の通り素手での格闘戦に秀でたスキルで、他のスキルと異なり、仲間全員が習得可能なのが特徴。
各キャラによって若干差異があるが、大防御、正拳突き、真空波、岩石おとし、ムーンサルト、爆裂拳などを習得。
ⅥやⅦで散々お世話になってきた特技を数多く覚えるため、一見すると優秀なスキルに見える。
ただし、Ⅷにおけるこれらの特技は過去作と決定的に異なる点がある。
他の武器スキルの特技が固有の武器を装備していないと使えないのと同様に、
素手の状態でなければ使用できないのである。必然、これらの特技を使う際は攻撃力がガクンと落ちる。
攻撃力依存ではない真空波や岩石落としはそこそこ使えるものの、その他の特技はまともにダメージが通らない。
一応スキルを上げていくことで素手時の攻撃力に補正がかかるものの、同様の効果は他の武器スキルにもある。
結局のところ焼け石に水である。
武器にゴールドや時間をかける必要がなくなるのが利点といえば利点か。

レベルを上げて力にドーピングを施すことで強くなるが、普通のプレイで格闘スキルを選ぶと相当に難易度が上がる。
一味違うプレイを楽しみたい、上級者向けの趣味スキルである。

ヤンガスの忍び走りはどんなプレイでも便利なのでヤンガスは33まで振っておいてもいい。
また、主人公が11で覚える大防御はボス戦やピンチ時に真価を発揮するので、余裕ができたら覚えさせるのも良いかもしれない。
68で覚えるククールは流石に厳しいが…。

苦難を乗り越えて4人全員が素手の状態で竜の試練をクリアすると、竜神王からお褒めの言葉を頂ける。
興味がある人は挑戦してみよう。お褒めの言葉だけで特に何か貰えるわけではないのだが…。
なお、前述の通り基本的に武闘家系の特技を覚えるのだが、ゼシカだけはマスターすると何故かマダンテを覚える。
が、ゼシカはそれ以外のスキルも優秀なのでこの為だけに格闘スキルを上げるのは勿体無い。