※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅧ

モンスターを仲間にして、主人公たちの代わりに戦わせることができるシステム。
Ⅴ、Ⅵの【仲間モンスター】をアレンジして復活させたものと言える。
「スカモン」の略称で呼ばれることが多い。

ここではスカウトモンスターのシステムを解説する。
それぞれのスカウトモンスターの性能はスカウトモンスターを参照。

スカウトモンスターを仲間にしよう!

フィールド上(特に本線から外れたようなところ)を歩いているとモンスターの姿を見かけることがある。これがスカウトモンスターである。
近づくとモンスターによって反応は異なるが、概ねこちらに近づいてきて、接触すると戦闘になる。
このため、スカモンとの戦闘に限り、戦闘が【シンボルエンカウント】方式となる。
倒すことができれば主人公の仲間に加わってくれる。

ただし、ストーリーの最初から仲間にできるわけではなく、
倒してもそのモンスターの格に応じて【モンスター金貨】【モンスター銀貨】【モンスター銅貨】を落とすだけである(初めて倒した時のみ)。
【モリー】の頼みで特定の3匹のスカモンを仲間にした後には、
倒したスカモンが起き上がり、スカウトするかどうか決めることができるようになる。

それぞれ「スラリン」「ロビン」といったおなじみの名前が設定されているが、
敵として戦う際には通り名が表示される(エース・スライム機械兵ロビン…etc)。
ちなみに、戦闘に突入しても基本的に必ず逃げることが可能である。
特に序盤はまず勝てない相手ばかりなので、万が一戦闘になったら逃げた方がいい。
最初の町であるトラペッタのすぐ近くにいる「魔獣ドランゴ」には数多の冒険者が消し炭にされた。

バトルロードで戦おう!

仲間にしたモンスターは、モリーが主催している【モンスター・バトルロード】で戦わせる事ができる。
バトルロードは3vs3で行われ、他のモンスター使いが連れている3体のモンスターを
自分のモンスター3体が撃破できれば1勝、連続で3勝できればクリアとなる。
GランクからSランクまで別れており、ランクを1つクリアするごとに、1つ上のランクへ挑戦できるようになる。
各ランク制覇ごとに強力なアイテムが貰えたり、一度に仲間にしておけるモンスターの数が増えたりするほか、
特定のランクを制覇する事でフィールドに出現しスカウト可能になるスカモンも数多く存在する。
強力なスカモンを探して、どんどん高いランクを目指していこう。

なお、Ⅷには77匹のスカモンが存在するが、同時に仲間にしておける数には上限がある。
最初は3匹だけだが、バトルロードを勝ち抜くことで最大12匹まで増加する。
新しくモンスターを仲間にするには、これまで仲間にしていたモンスター1匹と別れなければならない。
別れた仲間は本来の出現地に戻っているので、もう1度倒せばまた仲間になってくれる。

スカウトモンスターとともに冒険しよう!

ランクEクリアのご褒美として、【チーム呼び】という特技を主人公が使用可能になる。
これを使うと自分のモンスターチーム3匹を呼び出し、主人公たちの代わりに戦わせる事ができる。
この間主人公たちは戦闘に参加できない。敵から攻撃される事もないが、モンスターを援護することもできない。

モンスターは1匹ごとに戦闘に参加できるターン数が決まっており、
3匹の合計ターン数(小数点以下切り上げ)に達すると戦闘から離脱してしまう。

詳しくは【チーム呼び】の項目を参照して欲しい。