※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

Ⅶに登場するボスモンスター。
過去の【ダーマ神殿】編に登場する魔物で、相棒の【イノップ】と共に【西の洞窟】で道を塞いでいる。
虎と人間の半獣半人のモンスターで、鋭い爪や尻尾での攻撃を得意としている。
当初は【アントリア】によって「人間たちから奪ったチカラ」を与えられて強化されており、非常に強い魔物となっている。
本編では2回戦うことになる(しかも片や【負けバトル】)ため、相棒共々そこそこ印象に残るコンビだろう。

なお、グラフィックは【ワータイガー】と同様のものが用いられている。
Ⅴに登場する同名のモンスターについては【ゴンズ(Ⅴ)】を参照。

1戦目(西の洞窟)

初戦は西の洞窟。【フーラル】によってまんまと騙され、真っ向勝負をさせられる羽目になる。
イノップと共に登場し、人間たちから奪ったその力を余すところなく振るってくれる。

【三段階ローテーション】で行動し、行動パターンは以下の通り。
通常攻撃 or バギマ 爪を振り下ろす or 火炎の息 通常攻撃 or バギマ (繰り返し)
イノップよりも全体攻撃の頻度が高いため、どうやってもまず回復は追いつかない。
しかもイノップ同様HP:30000+ターン毎100の自動回復特性持ち。どうやって勝てと言うのか。
言うまでもなく【負けバトル】なので、相当レベルを上げても勝つのは難しい。抵抗するだけ無駄である。

2戦目(牢獄へ続く洞窟)

【牢獄へ続く洞窟】の奥で【フォズ】大神官を救出すると、こいつらが駆け付け再戦となる。
が、今回はフォズ大神官が「人間たちから奪ったチカラ」を封じてくれる上、【カシム】も戦闘に加わってくれる。
ところが、これで楽勝かと思いきやそうは行かないのがこのコンビの恐ろしいところ。

今回はランダム行動で、通常攻撃の他に痛恨の一撃(2.5タイプ)、尻尾を振り回す、爪を振り下ろすを使う。
頻度こそ低いがゴンズ共々繰り出す痛恨の一撃の威力がかなり高く、何より【強化攻撃】の頻度が高いのが特徴。
相棒のイノップの砂煙を食らうと長期戦になるので、持久戦に備えて薬草は多めに持っておきたい。
また、そこそこの確率で【まだらくも糸】が有効なので、持っていたら使ってみると良い。
一応メモリアリーフで購入できるので、マリベルあたりに持たせておけばここでの戦いが若干楽になるかもしれない。
イノップよりもこいつの方が幾分倒しやすいので、主人公やガボが鋼の剣や鋼のキバなどを装備している場合はこいつから狙おう。
逆に刃のブーメランを使っている場合は普通にイノップから狙った方が効率が良い。
強敵ではあるが、カシムに攻撃が集中したり、痛恨があまり来なければ比較的楽に勝てることもある。
過去のダーマ編はある意味ここが踏ん張りどころでもあるので、頑張って乗り切ろう。

ちなみに、実のところフォズ大神官にチカラを封じられてもステータス自体はそこまで弱体化はしていない。
アントリアに与えられていたのは、主に人間たちから奪った呪文や特技そのものだったのかもしれない。
となると、火炎の息を使える「人間」がいたこととなるが、力を奪われた者達の中にはモンスター職か魔物ハンターの経験者でもいたのだろうか。

それにしても、戦闘に加わらないフーラルはこの戦いの間一体何としていたのだろうか。
まぁ、この戦闘ではNPC枠にカシムが入っているので仕方がないといえば仕方がないのかもしれないが。