※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅣ

モンバーバラ姉妹の父【エドガン】の二番弟子。顔はドラゴンボールのヤジロベー似。リメイク版では壮年の男性。
四章の【コーミズ西の洞窟】【NPC】として仲間にでき、打たれ弱いモンバーバラ姉妹にとってはかなり頼れるマッチョガイ。
【アッテムト鉱山】においては彼がいないと話にならないだろう。
【とらおとこ】【メタルスコーピオン】を鉄の槍でぶちのめしていく姿は実に頼もしい。

しかも【キングレオ城】【まほうのカギ】の扉までこじ開けてしまう。ブラボー!
一応力づくでこじ開けているわけではなく、錬金術の応用(Ⅳの魔法の鍵は錬金術の産物という設定)らしいが。
FC版では荒くれ男の汎用グラなので余計に力づくでこじ開けているようにも受け取れる。

キングレオ城脱出の際、モンバーバラ姉妹を逃がすために追っ手と1人で戦う。
一度脱出してからキングレオ城に戻ってみるとただのしかばねとなっていた…。
が、五章になるとなぜか【フレノール】の町で復活している。
どうやらキングレオに捕らわれていた踊り子をさらに助けて、その踊り子によってフレノールへ運ばれたらしい。
【へんじがない ただのしかばねのようだ】のメッセージを出しながら生還した唯一のキャラ。まさに不死身の男だ!

小説版でもキングレオ城脱出の際に別れ別れになり死亡したと思われていたが、最終決戦の直後モンバーバラ姉妹へと呼びかける声が聞こえたことから生存していたようだ。