※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

シリーズ初のアーケードゲーム。
ジャンルはトレーディングカードアーケードで、2007年6月21日より全国のゲーセンなどで稼動中。
Ⅷのモンスター・バトルロードを元に作られた。 一回辺りのプレイ料金は100円。
排出されたモンスターカード3枚をスキャンさせ、チームを作って戦う。
組み合わせによっては相性で能力が上がったり合体して強力なモンスターになる。
戦い方は赤と青のボタンでモンスターの技を選ぶという単純なもの。
SPカードをスキャンさせると、人間キャラが現れ、自チームを助けてくれる。
主に子供達の間で大ブレイクし、カード排出枚数は1億枚を超えた。

沿革

06年12月12日

スクウェア・エニックスの新作発表会で製作発表。

07年5月12日

スクエニパーティー2007で稼体を公開(プレイは不可)。
ステージ上でウェンツ瑛士氏が実際にプレイを体験した。

07年6月21日

第一章「暗黒神の胎動」が一部の店舗で先行稼動開始。

7月

全国で正式稼動し、一部の店舗で大会が開催される。

9月14日

第二章「暗黒神の降臨」稼動。
新モンスター6体、SPカード2枚追加。

11月9日

第三章「闇の覇者 竜王」稼動。
通常カードがゴールドコレクションになり、Wスキャン導入。
新モンスター5体。SPカード2枚追加。旧SP4枚差し替え。大魔王を竜王に変更。

08年1月11日

第四章「覇者の咆哮」稼動。
新モンスター5体とSPカード2枚追加。旧SPカード4枚差し替え。

3月14日

第五章「邪神の復活」稼動。
通常カードがプラチナコレクションになり、Wスキャンの組み合わせ増量。新モンスター5体。SPカード2枚追加。
旧SP4枚差し替え。大魔王をシドーに変更。

5月9日

第六章「破壊神 シドー」稼動。
新モンスター5体、SPカード2枚追加。旧SPカード4枚差し替え。

6月28、29日

バトルロード稼動1周年を記念し、感謝祭開催。バトルロードⅡの製作発表。

7月11日

第七章「王者への道」稼動。
これまでのコレクションのカードが排出され、SPカードは鳥山明描き下ろしの「ロトSP」となった。
BGM、背景がランダムとなり全魔王・大魔王が登場し、大魔王にゾーマを追加。

9月26日

第八章「そして伝説へ…」稼動。
全モンスターの全コレクション、全SPカードのロト版が揃う。