※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅥ

【ダークドレアム】【デスタムーア】のあまりに一方的な戦いのこと。
ダークドレアムを20ターン以内に倒すと、代わりに彼がデスタムーアを倒してくれるイベントが発生。

まず、ジジイ形態のデスタムーアの前で「この者をたおせばよいのだな?たやすいことだ…」と宣言。
逆上したデスタムーアは「何を言っておるのだ。愚か者どもめっ!思い知るがいいっ!」と言い返し、
炎や冷気の玉を投げつけたり、主人公たちには使わなかった【かがやくいき】を吐いて攻撃するが、
「なんとダークドレアムはそのれいきをうけとめなげかえした!」
「ダークドレアムはすずしげだ!」と一蹴されてしまう。
そして、ダークドレアムは【ベギラゴン】のような攻撃を放ち、
「デスタムーアに9999のダメージをあたえた!」と第一形態を一瞬で撃破する。

第二形態に変身したデスタムーアはさらに攻撃を続けるが、
突進を仕掛けてもびくともせず、【しゃくねつ】見てから【おいかぜ】で跳ね返される。
そして【バイキルト】【スカラ】で強化した肉体での突進ですら、
逆にダークドレアムの凄まじいオーラに弾かれ「うぎゃあっ!」と悲鳴を上げて敗北。

そして「ついにわしをおこらせたな……。」と小物全開な台詞を吐きながら第三形態に変身。
左手でダークドレアムに掴みかかるも「ふんぬっ」と一瞬で粉砕される。
その後も【ひばしら】で攻撃を仕掛けるも、ことごとく「ミス!ダークドレアムはまったくダメージをうけないっ!」。
最後はダークドレアムが「さて……おあそびはここまでだな。そろそろおわらせよう……。」と宣言し
【イオナズン】【マヒャド】【ギガデイン】【ビッグバン】【マダンテ】【ジゴスパーク】
コンボ(のような攻撃)を繰り出し顔と右手を木端微塵に吹き飛ばしてしまう。
(あくまでマダンテとは明言されていないので、MP切れについては気にしなくていいだろう)

その凄まじい戦いのおかげで、今日のデスタムーアの小物キャラという評価が確定してしまった。
歴代のラスボスの中ではトップクラスの実力を持つはずなのに、気の毒である。