※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅧ

マイエラ修道院の院長で、【マルチェロ】【ククール】の育ての親である。
【法皇】とはかつての学友であり親友らしい。
また七賢者の一人、神の子【エジェウス】の末裔である。
ダジャレが好きで、彼の住居の本棚にはダジャレ集が置いてある。「毎日10ダジャレ、5ギャグ」が目標らしい。
この人がこんなんだから聖堂騎士団の腐敗を止められなかったのでは…。と思うかもしれないが、
教会の内情に嫌気が差しているククールが尊敬する人物であることから、かなりできた人間であることが分かる。エジェウスの子孫だしなぁ…。
ドルマゲスによって夜襲をかけられ主人公やマルチェロ達の目の前で殺害されるが、
この時の彼と【ドルマゲス】の会話シーンは中々の名場面。