※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅦ

Ⅶに登場するダンジョン。
【滝の洞窟】でも【滝の流れる洞窟】でもなく、滝壺の洞窟。
過去の【大神殿】【大神官】から、とある重要な魔法の完成に必要となる【星空の結晶】を取ってくるよう頼まれ、ここを訪れることになる。

内部の洞窟はこれといった仕掛けも無ければ厄介なモンスターも登場しないので攻略は簡単。
中腹には流れる滝に分断された道がある。この滝は明け方の短い時間にだけ止まるのだが、
Ⅶには昼夜の概念が無いので、近くに住む人間とホビットの夫婦に協力してもらうことになる。
余談だが、妻の方の友達が大神殿におり、共に魔法の修行をしていたことを聞くことが出来る。
この滝の先から山頂までの道はイベントが終わると二度と入れなくなるが、宝箱は無いので気にしなくていい。

洞窟を抜けると山頂。あとは奥の高台に落ちている星空の結晶を回収するだけだが……
この山頂、実は出現モンスターが洞窟内と全く異なり、かなりの危険地帯と化している。
何しろ【ベビーゴイル】【よろい竜】【プラズママウス】と、全体攻撃を使ってくる敵のオンパレード。
特に6匹まで同時に登場するプラズママウスは、倒すのにてこずると稲妻の連発であっという間に全滅に追い込まれる。
こんな所に長居は無用。星空の結晶を回収したらとっとと降りよう。

また、結晶を回収した帰り道に再びホビット夫婦の家に行くと衝撃の事実が判明。
実はこの夫婦こんなところで宿屋を経営していたらしく、今更になって一泊代として1人10Gを要求される。
とはいえ情報をくれたり明け方に起こしてくれたりしたのは事実。40G程度、ここは快く払っておくべきだろう。
結晶を取らずに戻って来た場合は連泊することが出来、結晶を取って来た後は連泊した分だけ請求される。もちろん踏み倒すことも可能。ちなみに大神殿よりも先にここに来た時は普通に宿屋を経営しており、ドワーフが川辺で釣りをしている光景を見ることが出来る。

3DS版

滝を調べる前にドワーフ夫妻に話さないと「過去の冒険」の「奇跡の結晶が生まれる時」が追加されない。
「過去の冒険」を漏らさず入れたい人は注意すること。