※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Ⅴ、Ⅶ、モンスターズ1、2、テリワン3Dに登場する道具。

DQⅤ

Ⅴでは戦闘中に使用する(振り撒く)と、モンスターがそれに噛り付き、1ターン休みにすることができる。
無論、全てのモンスターに効果があるわけではないので注意が必要。
だが、【ニセたいこう】【ゴンズ】といった、ボスモンスターにも効いてしまうことがあり、なかなか使える道具である。
また、フィールド上で使うと【においぶくろ】と同じ効果がある。
ルラフェンの道具屋で売られている他、ブラウニーやホースデビルなどが落とす。
利便性が高過ぎたのか、Ⅴ以外には登場していない。

DQⅦ

Ⅶでは【モンスターパーク】の完成を夢見るモンスターおじさんから渡される貴重品。
戦闘中に使用する【ほねつきにく】【超しもふり肉】と違い、持っているだけで効果がある。
これを貰うと以降は戦闘終了後にモンスターがなつくことがある。
ただし、この道具の効果だけではなつく確率はかなり低く、モンスターパークの完成はほぼ不可能。
モンスターパークの完成を目指すなら魔物ハンターに転職しよう。
また、もう一つ重要なのは「モンスターが心を落とすのは魔物のエサ入手以降」という点。
これは何故かゲーム中で一切の説明がされていないので要注意。
ちなみに「持っているとモンスターが匂いにつられて主人公達になついてくる」という設定。
どう考えても無理がある。

DQM

モンスターズ1、2では敵に差し出すと戦闘後に仲間になる確率が上がる道具。
【くさったにく】を除くと全ての肉の中で最低ランク。
序盤のモンスターはこれを1~2個与えれば簡単に仲間になるが、中盤以降は力不足。
仲間モンスターに与えると「野生」の値を下げることができる。
ただし下げられる値はたった5なので大量に与えないとあまり意味は無い。
大量に与える分にはしもふりにくより安上がり。面倒だが…
序盤に燻製肉とともに大量に拾えるほか、町の道具屋でも安価で売っているのでケチらずにどんどん使おう。

テリワン3D

本作ではモンスターの勧誘がスカウト性であり「やせい」値も存在しないので、戦闘でのスカウト率を上げるアイテムとして登場。
使うと各モンスター毎に設定された数値分スカウト率を上げられる(範囲は0.5%~25%)。
リメイク前とは違い、くさったにくも含めて全ての肉の中で最低ランクであり、【くんせいにく】ならこれの2倍、【ほねつきにく】なら4倍、【しもふりにく】なら8倍上げられる。これで25%上がる敵に対してくんせいにく以上を使うのはもったいないので、主に序盤で使う事になるだろう。
バザーの肉屋で格安で売られており、フィールドでも大量に拾える他、【たびだちの扉】とタイジュを往復すればバザーで買わずとも幾らでも手に入るので、序盤からケチらずにどんどん使おう。
また、たとえスカウトに失敗した場合でも、肉を最低1個与えておけば戦闘終了時に仲間にできる可能性が残るので、コスト的に一番安いこの肉を、戦闘開始時に取りあえず1個与えておくと、確率は低いが一応保険にはなる。

余談だが、本作ではくさったにくはこれと同じ効果に加え、敵全体を毒に冒す効果もあるので、地味に本作ではくさったにくの下位互換にもなってしまっている。