※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

シリーズ全般における戦闘システム。
戦闘前に

「◯◯はこちらが身構える前に襲いかかってきた!」
「◯◯はいきなり襲い掛かってきた!」

というメッセージのどちらかが表示された場合のこと。
プレイヤーサイドは1ターン目には何も行動できず、敵側だけが攻撃を仕掛けてくる。
1ターン目にプレイヤー側だけが行動できる【先制攻撃】の逆。

不意打ちされると全滅の危険に追い込まれる敵は意外に多い。
例えば、補助呪文さえ掛ければ比較的安定する敵や、攻撃は激しいが打たれ弱い敵など。
前者はⅥの【デススタッフ】【キラーマジンガ】、後者はⅤの【フレアドラゴン】などがいる。

Ⅳの【ギガデーモン】は返答次第で不意打ちになる珍しいボス。
Ⅷは不意打ち時にバランス調整されている敵が多く、危険度は下がった(【吹雪の魔女】など)。

Ⅶとリメイク版Ⅳでは、【しのびあし】を使っていると不意打ちされる確率が上がる。
また、Ⅸなどの【シンボルエンカウント】を採用している作品では、敵に背中側から接触されて戦闘になると不意打ちの確率が上がる。