※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

Ⅴに登場するボス級モンスター。
歴戦の修羅場をくぐり抜け、無数の屍の山を築いてきたオーク。
多くの経験を積んで強くなっており、相応にLvも上がっている。
手にした槍から繰り出す攻撃は、通常のオークとは比較にならないほど強力。

SFC版でのグラフィックは【オーク】と同一。
リメイク版では得物が三叉の槍になり、オレンジの縁取りが成された紫色の服を着ている。

DQⅤ

【デモンズタワー】に登場するボスの1体。
【キメーラLv35】共々、【ジャミ】の手下として登場する。
東の塔の最上階で、西の塔へ向かう者を排除している。

【完全ローテーション】かつ1回行動で、行動パターンは以下の通り。
攻撃 → 攻撃 → ルカナン → 攻撃 → 攻撃 → 攻撃 → (繰り返し)
1回行動だが攻撃力が高いため、ルカナンを使われた後に攻撃されると大ダメージを受ける。
効きづらいが、マホトーンで呪文を封じたいところ。
ラリホーもたまに効くので、まどろみのけんで攻撃すると動きを止めつつダメージを与えられる。
ルカニ系も高確率で有効なので、使えるならこちらも絡めて攻めると良い。
ボスらしく補助呪文への耐性は通常のオークより高いが、攻撃呪文への耐性は全く同じで、メラ・ギラ・バギ系が有効。
落とすアイテムはオークと全く同じ【けがわのマント】

リメイク版

1回行動のままだが、行動パターンが【3段階ローテーション】へと変更されており、以下のような行動をとる。
攻撃 → 攻撃 or ルカナン → 攻撃 → (繰り返し)
SFC版と異なり6ターンに1回のペースで必ずルカナンを唱えることはなくなったが、運が悪いと3ターン毎に使用してくる。
また、攻撃力も25増加し、若干強化されている。
反面、HPが950から800へと下がっているため、やはり眠らせている間に叩くなりして短期決戦を心がけるといいだろう。
リメイク版なら【あんみんまくら】があるので、パーティメンバーに関係なく眠らせることができる。

小説版

その実力で主人公を追いつめるも、ドラきちの捨て身の援護により倒された。

DQMBⅡL

【レジェンドクエストⅤ】の第四章で、キメーラLv35共々【ラマダ】のお供として登場する。
どうやら、デモンズタワーから【大神殿】へ転勤になったらしい。
技や弱点等はオークと変わらない。

なお、ビクトリーでは【ジャミ】【ゴンズ】が追加されたため、キメーラLv35共々クビになってしまった。