※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

火喰い鳥。Ⅴやモンスターズシリーズなどに登場する、紅蓮の羽根を持つ伝説の怪鳥。
炎を食べて生きると言われているが、主人公一向を見かけると炎を吐きかけてくることのほうが多い。
食べたものを吐き出している……と考えるとなんだか気分が悪くなってくる。
上位種には【ホークブリザード】【れんごくちょう】がおり、この系統では最下位種。

実在のヒクイドリはオーストラリア北部およびニューギニアに生息しており、 ダチョウと七面鳥を足して2で割ったような姿である。
もちろん火なんか食べないが、現実でも攻撃力が非常に高く「世界一危険な鳥」としてギネス認定されていたりする。

DQⅤ

主にエルヘブン大陸北部に出現するほか、【天空への塔】【封印の洞窟】にも同種のグループで出現する。
空中に出現し、通常攻撃のほか火炎の息を吐いてくる。実に分かりやすい。
ただ、出会う時期が結構遅めなので、この頃には火炎の息では大したダメージにはならない。
見た目通りヒャド・冷気系に弱いので、さっさとヒャダルコ・凍える吹雪で一掃しよう。
バギ、デイン系もそこそこ効くほか、ラリホーで眠らせるのも有効。
メラ系は完全無効、ギラ・イオ系もやはり効果が薄いので、間違っても使わないように。

DQM・DQM2

モンスターズでも常連。
1・2では鳥系。1では野生のものは生息していないので他国マスターから奪おう。
配合の場合は鳥系×ドラゴスライムなど。覚える特技は火の息・疾風突き・追い風。
ホークブリザードとの配合で鳥系最強種族【にじくじゃく】が生まれるのはあまりに有名。
ひくいどりは♂が生まれやすく、相方のホークブリザードは♀が生まれやすいのでにじくじゃくを作りやすい。
ただし能力はHP、賢さを以外は軒並み伸び悩み気味。
さらに2とPS版では連続攻撃使いの【バピラス】を代用にできるようになり立場が微妙に。

DQMCH

キャラバンハートではドラゴンの角周辺の砂漠地帯などに出現。火炎の息で攻撃してくる。
コイツにこいつとホークブリザードの心でやはりにじくじゃくを作れる(+8以上必要)。
覚える特技は疾風突きの代わりにメラ以外は1・2と同じ。

少年ヤンガス

相方と共に少年ヤンガスにも登場。
【しゃくねつのほら穴】を皮切りにクリア後ダンジョンの多くにも登場する。
目立った能力値はないが、炎無効を持っているのが特徴。
ホークブリザードと配合すると(どちらが血統でもOK)にじくじゃく…ではなくれんごくちょうが誕生する。