※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅤ

Ⅴにおける台詞。
青年期後半になると、【グランバニア】の宿屋での宿泊が出来るようになるが、
その宿屋のおばさんに話しかけるとこう返された上で、「はい/いいえ」の選択肢が出てくる。
当然無料なのだが、王族なのに何故専用の部屋で寝れないのかが非常に疑問。
ただ城の構造上、その4階の部屋までがかなり遠い上、この宿屋は城の出入口のすぐの場所にある。
そのため手間が省けるという利点はあるのだが。

ちなみに、この宿屋のおばさん、「はい」と承諾すれば「光栄ですわ!」と喜ぶ。
そりゃあ、自分の国の王様に泊まって貰えるんだから、この言葉が出るのも無理はない。
「いいえ」と拒否すれば「あまり無理をなさらないでくださいね」と心配される。
そりゃあ、こちらは確かに自分の国を留守にして旅に出てばかりなのだから、そう言われても仕方ないのかも……。