※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅢ

商人の町の革命一歩前の状態で聞ける台詞。
劇場の出入口を塞いでいる男(リメイク版で、商人が女の場合はメイド)が言う。
【商人】の強引な町起こしを体現する台詞。

この人物、入る時は「どうぞお通りください」と言っておきながら帰る時に大金を請求するという確信犯。
しかもこの後はいorいいえの選択肢が出るため、50000ゴールドを持っていたとしてもビビること必至。
結局どちらを選んでも商人の知り合いだとかで見逃してくれるが、正直心臓に悪い。