※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQM1、テリワン3D

格闘場のFクラスの最終戦で戦うことになる【モンスターマスター】
本名は不明。井戸の底で生活しており、秘密の研究を行っているという、いかにも怪しい奴である。
何故か彼と同じ姿の人物は【タイジュの国】に居ないが、その理由は後述。
具体的にどんな研究を行っているかは、劇中では一切語られることがない。
本人曰く、超一流のモンスターマスターだそうだが、その割にはFクラスに甘んじている。
連れているモンスターはアニマルゾンビ、デスフラッター、スカルガルーの3匹。
テリワン3Dではデスフラッターがおおがらすに変わっており、更にミイラおとこが加わっている。
直前で仲間にできる扉の主のドラゴンとゴーレムを連れて行くと、かなり楽に戦えるはず。
と言うか、ドラゴンやゴーレムに勝てないようでは、彼に挑戦するのはやめておいたほうが無難かも知れない。

ストーリーをある程度進めると、実験のためとか言って、デイン系の特技を持ったモンスターを要求してくる。
その見返りに助手の婆さんをくれようとするが、婆さん貰ってどうしろと。
このイベントを終えると、彼の住まいの大釜のあった辺りに旅の扉(ボスはギガンテス)が出現する。
渡したモンスターはそのときの事故で帰らぬモンスターになってしまうため、要らないモンスターを人身御供にしよう。
時期やリスクを考えると、簡単に仲間にでき、かつ自力で稲妻斬りを習得できる【ボーンプリズナー】辺りが適任。

なお、彼は【ハーゴン】にそっくり、と言うかハーゴンを連れて行くと本当に寸分違わぬことがわかる。
とはいえ、ハーゴンを仲間にできるのは大分後。
初見では彼の立ちグラがハーゴンと同じものであることに気づかないかも知れない。
ちなみに婆さん曰く、博士はカッコイイらしい。
PS版、3Dでは違う姿になっている。