※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Ⅵにおける肩書き。
復活したカルベローナでバーバラの正体が判明するとこの肩書きに変わる。
「神の子」とかそういうのに近いニュアンスなのかも知れないが、
初めてこの肩書きを見たときは何かパッとしないと言う消化不良感が拭えない。

ハッサンやミレーユもそうだが、どうもⅥは正体判明後の方が一般人臭さが漂う肩書きが多い。