※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅦ

Ⅶに登場する重要アイテム。と言っても、これ自体を手に入れることはない。
公式ガイドブック上では後述する割れた状態のものがセットで「女神像」として掲載されている。
Ⅳの【ぎんのめがみぞう】については該当ページ参照。

金色に輝く不思議な女神像で、魔除けとしての力がある。
元々は【レブレサック】に住む、【ルカス】という少年の母親の家系に代々伝わっていた物。
ルカスの母は災いや魔物からみんなを守ってくださいと、いつもこの像にお祈りをしてたらしい。
【ボトク】による事件解決後、例の神父が村を後にする際に、ルカスから神父の手に渡ることになる。
それからどれくらいの年月が経ったのかは定かではないが、この女神像は後に神父と共に【プロビナ】の村に流れ着いた。

過去のプロビナの山頂には、この女神像が祀られた教会がある。
この像の魔除けの力によって、プロビナの村は魔物から守られてきたのだが、軍事国家【ラグラーズ】によって狙われる。
このことがプロビナの村民の不安を煽ったようで、【ラズエル】という村人が「これのせいでラグラーズに狙われるのだ」と主張。
彼はこの像を持ち去り、ラグラーズ兵の目の前で真っ二つにしてしまう。
しかし実際には、この像の力を疎ましく思った魔物が、策を講じて村人達に像を破壊させようと目論んでおり、
ラグラーズの兵士に化けて村人を脅迫していたというのが真相である。
果たして魔物の策は功を奏し、女神像の加護を失ったプロビナは、魔物の攻撃を受けることになる。
主人公達が実際に入手することになるのは、この時に割られた【女神像の上半身】【女神像の下半身】である。

その混乱の中で事件の黒幕の【りゅうき兵】と戦うことになるのだが、これが非常に強く、主人公は苦戦を強いられる。
だが、【女神の絵】に秘められたメッセージをラズエルが悟り、彼は山頂の泉に真っ二つになった像を投げ込む。
これにより女神像は魔除けとしての力を取り戻し、りゅうき兵を弱体化させ、撃退することに成功する。
この像は結局、りゅうき兵の自爆によって木端微塵になってしまう。数奇な運命を辿ったアイテムである。

スラもり2

「メガミ像」表記で資材として登場。キリタッタ崖などで入手可能。
攻撃力は7と低いが、聖なる力を持っているため錬金素材として重宝する。
このままデッキ投入することはまずありえないが、実は【オバケだん岩】と相殺することが可能。