※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅤ(リメイク版)

フローラと結婚した場合に、山奥の村で暮らすビアンカに会った後、【ピピン】と会話すると聞けるセリフ。
全文は
「どうしてあんな美人がいまだにひとりで? ボクがもらってもいいですか!?
 ゾクッ……! す すごい殺気ですよ◯◯◯◯様。じょうだんですから怒らないで!」

味方のみならず敵に対してすらもひたすらに心優しい主人公が、人間相手に本気で怒りを見せる、恐らくただ一つのシーン。
自分が仕える君主の目の前で、もしかすれば自国の王妃になっていたかもしれない女性に手を出そうとするピピンもピピンだが、別の相手と結婚してから、石化中を差し引いてもかなりの時間が経った青年時代後半においてなお、ビアンカに近寄る男に本気で怒る主人公も主人公ではある。
嫁に選ばなかったとしても、それだけビアンカは彼にとって特別な女性ということか。

もっとも、現実では休憩中に目の前を横切られただけで死刑にする事さえあるほど「王族」と「一般人」には身分の差があるのが普通なので、ピピンが口にしたことがどれ程命知らずな行為であるかは言うまでもない。
殺気を感じるぐらいで済んだ事自体が幸運といえる。

なお、殺気までは行っていないようだが、【カボチ】村の【ゲレゲレ】のイベントにて主人公がピピンに対して怒りを見せる場面がある。
そりゃあ思い出の品を「ボロボロのひも」呼ばわりした挙句「とてつもなくにおいがひどかったから」魔物がおとなしくなったなどと言われては怒るのも無理はない。