※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

Ⅵ、Ⅷ、DQMJシリーズに登場する【スカルライダー】の上位に当たるモンスター。

DQⅥ

【魔術師の塔】などに出現。
なんかドット絵の関係か、目がヤバいことになってるように見える。
だが、それ以上にヤバいのがこいつの行動パターン。
4匹で出てきてさみだれ剣さみだれ剣さみだれ剣…。二回攻撃することもあるので、非常に危険。
HPも高いので、すぐに攻撃するよりは【メダパニ】などで動きを封じるほうがいいだろう。

DQⅧ

Ⅵとはがらりと変わって氷系の攻撃の使い手に。【マヒャドぎり】【こおりのいき】を多用する。
出現場所も夜の砂漠、【リブルアーチ】南部、【サヴェッラ大聖堂】周辺と寒いところばかりである。
攻撃アクションは二つあり、コンビネーションのほうは見事。
【バッファロン】【モヒカント】みたいなコンビ攻撃ではなく、ただの通常攻撃だが、個性作りを行ったのは賞賛に値する。
しかし、スカルライダー共々2回攻撃をオミットされたため、実際は影が薄くなってしまっている。
小型のモンスターのため集団で出ることが多いが、Ⅷは1ターンに強力な攻撃を何度もしないようなプログラムを行っているため、凍りつく息連発もない。
せっかくの演出なのに残念である。

DQMJシリーズ

それまでモンスターズに登場していたスカルライダーを蹴って登場。
ゾンビ系のEランク。【デイン系】に弱いが魔封じを無効化する。
夜の【サンドロ島】でまれに出会うことができ、【さまようよろい】と配合すると【ボーンナイト】になるためスカウトしておきたい。
所持スキルはふういんのわざ。
DQMJ2では野生のものがいなくなり、スカルゴン+悪魔系で作るのみに。
カウンターとダウンブレイクの特性を得たが、能力は……。

しかし、DQMJ2Pでは豹変。最強化するとすばやさが1000を超え、ほかのステータスもそれなり。
【カウンター】とダウンブレイクに加え、強、最強化するといきなり【バイキルト】とこうどうはやいの特性を得る。
今作のこうどうはやいモンスターの例に漏れず異常に弱いが、魔封じは無効化できる。
【だつりょくぎり】【ダウンオール】を先制で打ち込めるのは非常に強力。攻撃せず味方のサポートに徹してもそれなりに強い。
特殊配合先もボーンナイトに加え、【スライムナイト】【メタルライダー】【ダークナイト】【ドラゴンライダー】と大幅に増えた。
また、配合方法がドラゴン+悪魔系に変更されている。