※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

Ⅶに登場するモンスター。
本棚に潜む【トラップモンスター】の一種。
正体は、聖書に化けて冒険者の心を惑わす邪悪な魂の魔物。
多彩な攻撃手段を持ち、開いたページによって攻撃方法が変わるらしい。

下位種に【あくまの書】がいる。
3DS版のⅦには【トクベツなモンスター】に新たに【あんこくきょうてん】が追加された。

DQⅦ

初めて出現するのは過去の【マーディラス】、もしくは現代の【ルーメン】にある本棚。
後に現代のダーマ神殿周辺でも普通に出現する。
【3段階ローテーション】で行動し、行動パターンは以下の通りとなっている。
ザキ or ラリホーマ 通常攻撃 or 混乱攻撃 火炎の息 or 氷の息 (繰り返し)
あくまの書と同様にザキも怖いが、それ以上に厄介なのがラリホーマ。
1ターン目に全員眠らされるとブレスでHPを削がれていくなどして、じわじわとパーティが壊滅状態へと追い込まれかねない。
MPも33と多く、マホトラ系も効かないためMPを枯渇させるのも困難。
マホトーン系にも強耐性を持っている上、素早さもかなり高いため1ターン目に先手を取って呪文を封じるのも至難の業。
やはり町中では単体での出現となるので、とにかく早めに倒すのが吉。
攻撃呪文はすべて有効で、ラリホーやニフラムも強耐性ながらたまに有効。マヒ系は弱耐性でそれなりに効く。
一応宿屋や教会も利用しておき、万が一に備えておくといい。

ダーマ神殿周辺で出現する際には、4匹くらいで徒党を組んで一気に出てくる。
ステータスは周囲の敵と大差ないが、トラップモンスターの時と同等かそれ以上の脅威である。
なにしろ全員同じ行動パターンなので、1ターン目にザキとラリホーマが大量に飛んでくるのだ。
初手の呪文ラッシュを凌げば後は怖くないので、いっそ【ギガジャティス】を使ってみるのも一興である。