※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQM2、DQM1(PS版)

【スライムたたき】【ドラゴンぎり】等同様、【水系】モンスターに1.25倍のダメージを与える特技。消費MPは3。
【リザードマン】【ウイングアサシン】【デビルアーマー】【ゆうれいせんちょう】がLv12で、ステータスが一定以上だと習得する。
だが、この技は作中1、2を争うスカ技になってしまっている。

AIに戦闘を任せている場合、相手に水系が存在する場合のみAIはこの技を選択する…とここまでは普通。
そしてモンスターは刀身一閃、眼前に立ちはだかる水系モンスター…には目もくれず、隣の水系でないモンスターに斬りかかる!
何事かともう一度ガンガンいこうぜを選ぶと、何度やっても水系には当たらず、斬られるのはどうでも良い奴ばかり。
当然通常攻撃と同じダメージしか与えられない。俺のモンスターはどうしてしまったんだ!
…となることがある。

タネを明かせばモンスターに罪は無くバグの仕業。先述の通り相手に水系がいればAIはこの技を使う。
だが、その後の攻撃対象選択において「水系に弱い」モンスターを攻撃対象に選んでしまうのだ。
ここで言う水系とは、モンスターの水系ではなく技の系統。
【てっぽうみず】【つなみ】【かんけつせん】の3つが属している。
「カエルの面に水」の理論によって全ての水系モンスターは大なり小なりこれに耐性を持っているため、海上での戦闘か、隣にメタル系でも居てくれない限り、水系モンスターにこの技が当たることはない。

と、いう訳で、他の対系統攻撃と比べ、この技は異常に使えなくなってしまった。
割とカッコいいエフェクトなだけに、残念な限り。