※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅤ

エンディングの【サラボナ】【女の子】に話し掛けると聞ける台詞。
聞かれる台詞の節々に【男の子】との絆の強さが感じられるが、まさかここまでブラコンだったとは。
この台詞で和んだプレイヤーよりも、「おい、ちょっと待て」と思ったプレイヤーのほうが多いのではないだろうか。

【テルパドール】でも、小さい女の子が男の子に「お嫁さんになってあげる」と言うと、
ムキになって「わたしが◯◯◯◯のお嫁さんになるのっ!!」と言ったりする。
女の子がこの台詞を吐いた後、周りのキャラはどんな反応を示すのか見てみたいものだ。
幸い(?)男の子からは女の子と結婚したいと感じさせる台詞は聞かれない。