※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

Ⅴにおける台詞。
【主人公】【フローラ】にプロポーズした時に聞ける。
フローラにプロポーズして一度「はい」を選択した後に聞ける。つまり念押し。
前日から主人公の【ビアンカ】への好意を推測し、またそれを意識しており、自身も奥手・献身的な性格のため、このように念押ししたのだろう。
ここで「キミじゃなきゃダメなんだ!」と言わんばかりに「はい」を選ぶも、決心が揺らいで「いいえ」を選んでしまうもプレイヤー次第ではあるが、ゲームとはいえ「結婚」という一世一代の選択なのだから、後悔のないようにしたいところ。
ちなみにここで断ると「まぁ!からかったのね、ひどい人!」と嫌われてしまう。

なおビアンカにプロポーズをした場合は、SFC版・PS2版は「はい/いいえ」の確認が1回しかなく、ボタン連打などでうっかり「はい」を押してしまうと変更が利かないという問題(というか"不思議な力"による誘導?)があったが、DS版では「それでも私を選んでくれるのね。本当に私でいいのね?」と、2度目の選択肢により均等に念押しをするように修正された。