※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

主に終盤に登場する三つ目の鳥のモンスター。
色違いとして、下位種に【サイレス】、上位種に【ジャミラス】【妖魔ゲモン】【ダークジャミラ】がいる。
全体的に緑色の身体をしている。

DQⅥ

狭間の世界に出現する。
身体が大きいため最大2匹までしか出られず、出現場所も分かりにくく、しかも狭間の世界で攻撃手段がバギマというなんとも不遇なモンスター。
一応バシルーラも使うが、フィールドにしか出ず、欲望の町にはルイーダの酒場もあるため、あまり意味はない。
あまりの微妙さから、しばしば4魔王比較においてジャミラスを貶すネタとして使われたりもしていた。
メラゾーマやギガデイン、輝く息が弱点。レアな風神の盾を落とすため狩られることもある。

DQⅧ

レティシア周辺や翼を持つものの場所でよく見かけるようになった。
初めて出遭う時点で3匹、終盤では5匹程度で出られるようになったほか、呪文がスクルトに変更。
加えて激しい炎による全体攻撃ができるようになったため、一気に存在感を増した。
もっとも、Ⅵのころとは共通点もほぼなくなっているが。
なお、時折一緒に出現したスライムにスクルトをかけるなどの無駄な抵抗をする場面も見られる。
落とすアイテムはキメラのつばさか辛口チーズ。
クリア後に出現するスカモン【ホークル】もおり、そこそこ使い勝手はいい。