※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

Ⅵとモンスターズシリーズに登場するモンスター。
ワンド(wand)は杖のことで、公式ガイドブックでは上位種の【デススタッフ】と同様「魔杖属」とされている。
邪悪な意思を持つ魔法の杖のモンスターと思えば良い。
白く細長い身体(?)の先端にゾンビのような顔が付いている。

DQⅥ

湖の穴の洞窟、牢獄の町周辺や嘆きの牢獄周辺に現れる。
守備力・呪文耐性共に高く、細長い体を活かして集団で現れては氷の息やルカナンを連発する強敵。
特に、嘆きの牢獄周辺では最大6体で現れることもある。
Ⅵではゾンビ斬りが有効。確かに骨っぽいデザインはゾンビ系に見えるが……。
呪文は効きにくいが、デイン系とルカニ、マホトーンは有効。
ギガデインなら即死か仕留められずとも瀕死にまでは追い込めるので、余裕があるならまわしげりと併せて使おう。
ギガスラッシュなら一発で倒せる。
落とすアイテムはマジカルスカート。

スライム格闘場ではHランク1回戦に2匹組で登場。氷の息とルカナンで全力でこちらを削りにかかる。
氷の息は耐性を整えてくればさほど脅威ではないが、両脇のラストテンツク×4を倒すのに手間取っているといつの間にか守備力0にされ、そのまま撲殺されることも珍しくない。
さすがはHランクである。

DQM1,2

こちらではちゃんと物質系。
魔法使いの持っていた杖に命が宿ったモンスターだが、イル・ルカの図鑑だと、持ち主の魔法使いとケンカ別れしたとのことである。
物質系とドラゴン系を配合すると生まれるので、比較的簡単に作ることができる。
攻守に優れ、レミラーマやキアラルといった珍しい特技を覚えるほか、本編でこちらを苦しめた冷たい息も覚える。
DQM1では鏡の扉に出現。やっぱり氷の息を吐いてくる。