※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅦ

Ⅶに登場するキャラクター。
【イワン】がハーブ園をブドウ園に転換したものの、経営に失敗したことで新しくハーブ園の主人になった男性で、【カヤ】の夫。

病を患っており、妻のカヤの手料理だけが唯一の楽しみであるが、その病の原因だけでなく、カヤの料理が唯一の楽しみになっている事さえも、そのカヤが料理に毒を混ぜている事が原因などとは夢にも思っていない。
純粋に彼女のことを信じて、無邪気に手料理を心待ちにしているその姿は非常に痛ましく、見ていて心苦しいものがある。
結局主人公とメイドの【チェリ】の奔走により事実が発覚すると当然ながら傷つき激怒、イワンとカヤを屋敷から追い出す。

カヤにしてみればイワンの屋敷を取り戻すために必死だったとは言え、 彼自身は何の悪いことをしたわけでもなく、完全にとばっちりである。
このグリンフレークでの一連のドロドロ恋愛劇において誰が一番の被害者だったかと言えば、それは間違いなく彼であろう。