※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅦ

Ⅶに登場するキャラクター。
過去のダーマシナリオに登場する人物。
ダーマ神殿が魔物に攻め入られた際に壊滅した、親衛隊の数少ない生き残り。
ダーマ解放のために【フーラル】と共に色々と立ち回っており、主人公たちとも協力関係となる。

【ネリス】のことを本気で好いており、病を患う彼女のためにフーラルに頼んで世界樹のしずくを手に入れたり、かみかざりをプレゼントするなどしていた。しかしそのことが原因で、ネリスの弟の【ザジ】からは目の敵にされていた。
ちなみにかみかざりの方は後にネリスと魔物が入れ替わったことの伏線になっている。

【牢獄へ続く洞窟】【フォズ】大神官を救出しに行く際には【NPC】として同行することになる。
NPCキャラクターにしては珍しく行動が完全ローテーションで、
通常攻撃 → 様子を見る → 激しく斬りつける → 通常攻撃 → 激しく斬りつける → 様子を見る の順番で行動する。
これまで敵専用技であったはずの「激しく斬りつける」を使う唯一の味方キャラである。
だが、3ターンに1回のペースで行動してくれないため、【ザジ】【フォズ】よりも使えないという意見多数でもある。
また、3DS版のNPCが発動できる特殊会心(16分の1の確率で攻撃力の約2.5倍のダメージ)も出せない。

設定上、彼の職業は【魔法戦士】らしいのだが、呪文や特技を使用することはない。
一応彼は【アントリア】に騙されて【ふきだまりの町】に落とされた者ではなく、ダーマ神殿が陥落した際に落ち延びた者なので、特技を奪う泉にわざわざ浸かっているとは思えないのだが……。
前述の通り、特殊会心も出せないので、本当に戦士の類いなのかも気になる。

NPCとして参戦している状態ではさほど強くは感じられないかもしれないが、実はかなりの実力者だという話も聞け、あの【スイフー】とも互角に戦えるほど強いらしい。
彼と共に魂砕きに挑戦した戦士を止めに入った際は、割と親しげにやりとりをしていたりもする。
また、主人公たちが【ダーマ神殿地下の決闘場】での決闘を勝ち抜いた後に起こる反乱では、処刑されかけていたネリスを救い出し、ザジと共に魔物たちと戦う姿を見ることができる。
たった一人で助けたネリスを腕に抱えたまま魔物をなぎ倒す様が人々を勇気付け、反乱を起こすきっかけとなった。

フォズ大神官からの信頼も厚く、手柄を立てたこともあってダーマ奪還後には親衛隊の隊長に任命された。
しかしその後、ザジが黙って出て行ってしまったことで、ネリスがほとんど寝たきりになってしまい、カシムもやつれてしまっている。

ちなみにプレイヤーの間では足が短いことで有名で、本人にも自覚はあり結構気にしている様子。
その短足っぷりはガボも気になって仕方がなかったようで、聞きにくい事をズバッと尋ねてしまった

3DS版

なんと短足関連のセリフがすべてカットされている。
キャラグラフィックの3D化に伴い、どう見ても短足には見えなくなったからかもしれないが、
3DS版では下ネタ関連の会話が多くカットされてるので、その煽りを受けた可能性も否定できない。