※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

Ⅰから登場し続ける建物。
ストーリー中で重要な位置づけにあることが多い。
Ⅰ~Ⅲまでは王様がセーブの役目を担っていたので、拠点としてよく利用された。
人口も多く、様々な施設や宝物庫などがあるので、探索には十分な時間を費やそう。
フィールド上のシンボルはFC版Ⅰが1マス、Ⅱ以降は2x2の4マスである。
城の形式としては様々なものがある。

1.城+城下町

最もオーソドックスなパターン。
基本的にはフィールドから入るとまず城下町に出て、その奥に城があるパターンが多い。
【アリアハン】【ラインハット】【レイドック】などが好例。
イレギュラー的に、Ⅰの【ラダトーム】【サントハイム】【イシス】など、
城下町に行くのにフィールド上での移動を要する城もある。

2.城塞都市

城壁に囲まれた城の中に、居住区や施設などが内包されているパターン。
【デルコンダル】【グランバニア】【アークボルト】などが好例。
現実のヨーロッパなどではこちらが主流なのだが、
国産RPGだけあって、日本式の城下町型がドラクエの世界では主流になっている。

3.砦・宮殿

特に施設はなく、中にいるのは城の主とせいぜいがその側近程度の城もある。
名前も固有名詞+城といった具合のものが多い。
【メダル王の城】【ポセイドン城】【ルビスの城】などが好例。

4.魔城

城を建造するのは人間だけではない。当然魔族の城もある。
【竜王の城】のように完全にダンジョンとなっている城が多いが、
【デスパレス】のように魔族の中での秩序が保たれている城もある。
また、【キングレオ城】のように、魔族が乗っ取った城も、広義の魔城と呼べるかもしれない。

5.その他

【ダーマ神殿】のように、厳密には城ではないが便宜上城のシンボルが使われている施設もある。
神殿が特に多い。