※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅤ

概要

ドラゴンクエストⅤの主人公。旅の剣士パパスの息子。
マーサを救うべく、父とともに幼い頃から旅をしていた。サンタローズの町を拠点としていたようだ。

アルカパで出会ったビアンカとともに、レヌール城のお化け退治をするのが実質的な最初の冒険となる。
その後、妖精の国でポワンと出会い、大人になった時、必ず力になると約束される。
しかしその後はヘンリー拉致事件を筆頭に、数々の不幸が降りかかる人生を送る事になる(後述)。

ヘンリー拉致事件の果てには、父パパスを目の前で殺された上、自身も10年以上奴隷として過ごす。
大人へと成長した後、マリアの兄ヨシュアの協力によって脱出。

サンタローズの洞窟で、父の手紙を読み、伝説の勇者を探す旅へと出る。
旅の途中に立ち寄ったサラボナで、フローラとの運命的な出会いを果たす。
この直後にビアンカとも運命的な再会を果たし、その二人(DS版ではデボラも含めた三人)のいずれかと結婚する。

その後グランバニアで、父がこの国の王であった事実を知り、王位に着いていた叔父から譲位されて、自身が王に即位する。
即位を果たすのとほぼ同時、花嫁は双子を出産する。
が、その直後に花嫁はさらわれてしまう。花嫁は天空の勇者の子孫だったのだ。
花嫁を救出に向かうも、父の仇ジャミの最後の魔力によって花嫁ともども石にされてしまう。

そして幾年月が流れる。
成長した息子によって石化を解かれ、息子が天空の勇者と知る。
再開した旅の中、エルヘブンでは母マーサが魔界で生きているということを知る。

その後はブオーンや父の仇を倒し、かつて自らが奴隷として労働を強いられた大神殿で、教祖であるイブールも倒した。
イブールを倒すことにより、ようやく石像にされたまま生き別れとなっていた妻も取り戻す。
そして母を助け出すため魔界へ乗りこみ、大魔王ミルドラースと戦う。

現在DQ史上唯一の、結婚システムをひっさげた主人公である。
2人(DSでは3人)いる花嫁候補のどちらを選ぶかで子供の髪の色が変わる。

数々の不幸

見方を変えればとにかく不幸な人であるともいえる。

まず幼少の頃に母親が魔王にさらわれる。ここまでならよく使われそうな話だが、彼の真骨頂はこれから。
続いて自身の命と引き替えに、父親パパスが目の前で無抵抗のままリンチされ、挙句焼殺されてしまう(オリジナルではゲマの吐いた炎により、リメイクではメラゾーマの火球により)。

そしてパパスを殺した魔物に、大神殿建設の奴隷として連れ去られ10年間もの重労働。
大神殿の兵士ヨシュアに脱走させてもらい自由になったかと思いきや、第二の故郷サンタローズ村が滅ぼされている。

帰る場所を失い、パパスの遺言に従って伝説の勇者を捜す旅に出る。
旅の途中で結婚しグランパニアの王位を継承、妻もオメデタと不幸の連鎖を断ち切ったかと思いきや、王位継承の宴の夜に、妻が母親のように魔物にさらわれる。

妻がいる塔へ向かい妻をさらった魔物を倒すと、死に際に魔法で二人とも石にされる。
そして宝を探しに塔にいた二人組に宝と勘違いされ、主人公は競売にかけられたった2000G(リメイクでは20000G)で売られてしまう。

そして落札者の家の前に飾られるが、その家の子供が魔物にさらわれてしまう。
この時落札者に八つ当たりされ倒される。
その後、自分の息子達が助けに来るまで倒されたまま、またもや8年もの歳月を棒に振る。
そして最後は、魔王の本拠地で母親と念願の再会を果たすも、目の前で…。

ちなみにDQシリーズ初の、勇者になれなかった主人公でもある。
天空の剣を手に入れたとき、意気揚々と主人公に装備させようとしたプレイヤーは少なくないはず(っていうか全員だろ)。

このように悲惨な人生を過ごし、勇者じゃなかったり他人まで不幸にしたりで、まさに不幸の星のもとに生まれたような人なのである。
これは魔王の呪いなのか彼自身の力か(はたまた製作者の堀井氏のせいなのか)は知る術はない。

普通に考えれば最大の元凶は、母を連れ去った魔王ミルドラースと考えるのが最も自然なのだろう。
しかし、その魔王自身がDQ史上最も影が薄いと専らの評判のため、あまり憎しみは沸かなかったという人も多いのではないだろうか。
というかゲマの存在感のデカさから、ゲマの方に怒りを向けたプレイヤーも多いだろう。

肩書き

時期によって多くの肩書きを持つことになる。
肩書き 時期
【パパスの息子】 少年時代
【しんでんのドレイ】 青年時代開始時
【にげたドレイ】 【工事中の神殿】脱出後
【さすらいの旅人】 【ニセたいこう】撃破後
【モンスター使い】 【カボチ】村の事件解決後、村の少年の質問に「はい」と答える
【グランバニア王】 【グランバニア】王即位後
【勇者の父親】 【てんくうのかぶと】入手後

習得呪文および戦闘能力

習得呪文

習得Lv 習得呪文
Lv4 【ホイミ】
Lv6 【キアリー】
Lv8 【バギ】
Lv9 【スカラ】
Lv11 【ベホイミ】
Lv12 【インパス】
Lv14 【リレミト】
Lv16 【バギマ】
Lv18 【マホキテ】
Lv22 【ベホマ】
Lv25 【ザオラル】
Lv28 【メガザル】
Lv32 【バギクロス】
イベント 【ルーラ】
【パルプンテ】

戦闘能力

装備できる武具の種類が非常に多い。
武器では多くの剣や一部の杖が装備できるほか、全体攻撃が可能なブーメラン系や破壊の鉄球も装備できる。
単体対象と全体対象の両方の武器を持っておき、相手によって使い分けるといい。
勇者ではない主人公のために、天空系より強力な武具も用意されている(王者のマントドラゴンの杖など)。

覚える呪文は、ホイミやキアリー、ザオラルなどの回復系やメガザルなど、仲間をサポートするものが多い。
中にはレベルアップではなくイベントで覚える呪文も存在する。イベントによる呪文の習得が登場したのも、Ⅴが初めてである。

攻撃系の呪文としては、バギ系呪文を中心に覚えるシリーズ初の主人公となった。
同時にバギクロスの威力も今作から上昇したため、バギ系の扱いが格段に向上した…かと思われたのだが、
同時に耐性を持つ敵が多くなってしまい、特に終盤は無効化する敵がほとんどのため、結局は打撃が効率的。
パーティーからは当然外せないため、これでバギ系に弱い敵を多くしたら他の仲間の有用度が下がってしまっただろうが。

パラメータの面ではHPやMP、力が順当に伸びていき、素早さも最初は低いが最終的には十分に伸びる。
一方で身の守りはレベルが上がっても平均以下だが、守備力の高い武具でカバーできる。
また、炎のリングを装備できるため、リメイク版では人間キャラで唯一イオ系に耐性を付ける事も可能である。

DQⅥ(DS版)

【デスコッド】を「遠い未来の世界」にすると登場。名前は「アベル」。
ちなみにビアンカ・フローラ・デボラもおり、彼女らはそれぞれ息子と娘を連れている。
グランバニア国王陛下は正室の他側室も娶られたようである。Ⅴのラインハット同様世継問題で揉めそうではあるが。

DQⅨ

再登場したミルドラースを倒す事(または期間限定でWi-Fiショッピング)で、彼のコスプレ装備が手に入り、コンプリートすると、
キラーパンサーを従えた伝説の魔物使いにちなんで「天空の花むこ」の称号がもらえる。

DQMBⅡ

SPカード【ドラゴンオーブ】【王者のマント】の使用者として登場する他、4章以降こちらの魔物使いのレベルが99の時に、上級職であるモンスターマスターになるためのダーマの神殿チャレンジバトルの対戦相手として登場する。お供に【ピエール】【ゲレゲレ】を連れている。彼らのHP以外の能力値や技は元のモンスターを参照(リンク先は元のモンスターになっています)。

伝説の魔物使い個人のステータスはHP:755 ちから:28 かしこさ:80 みのまもり:50 すばやさ:18。ここに相性補正でHPが+150、すばやさ以外の能力値が+25される。
チーム全体のHPは2777。これは相性適用後の数値である。
技は「ドラゴンの息」と「まものならし」。
前者はマスタードラゴンを呼び出し、上空から敵全体に灼熱属性のブレス攻撃をさせる。
後者は敵1体をなだめて行動不能にさせる。何故か魔物ではない人間にまで効いてしまう。また、個別の状態異常なので、専用の耐性が影響する。

相手は普通のライバルチーム同様にSPカードやとどめの一撃を容赦無く使ってくるので、それぞれ対策が必要になる。特にとどめの一撃に関しては、こちらは魔物使いなのでつばぜり合いを仕掛けられないので注意。

なお、ドラゴンクエストモンスターズJOKER2の初回特典版にレジェンドヒーローカードとして付属しており、こちらも使用可能となった。