※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅢ

【ドラゴンクエストⅢ そして伝説へ…】の主人公。16歳、シリーズ初の男女選択可。
職業は最初から【勇者】

イラストではとんがった茶髪に冠を頂き、青い上着に紫のマントを羽織って背中に剣を携えており、
ドラゴンボールに例えるなら頭がサイヤ人になったビーデルという感じの風貌である。
ドラクエに疎くても、ファンタジーの勇者といえば彼(彼女)を思い浮かべる人も多いだろう。
なお、女性主人公の公式イラストはスーパーファミコン版リメイクの際に初めて描かれた。
女勇者でも服装はまったく変わらず、各地で男と間違われる(父【オルテガ】だと思われる事も)。

初期装備は【どうのつるぎ】【たびびとのふく】
魔王【バラモス】討伐の旅にしてはあまりに貧弱だが、
実は初期装備という括りで考えればDQ主人公中でもかなり恵まれている方である。

来歴

Ⅲの物語は彼(彼女)の16歳の誕生日に魔王バラモス討伐のため旅立つところから幕を開ける。
六つのオーブを集めて不死鳥【ラーミア】を復活させ、魔王バラモスを打ち倒す。
その後、更なる巨悪を倒すために【ギアガの大穴】を抜け、地下世界【アレフガルド】へと向かった。
闇の世界アレフガルドでは伝説の【おうじゃのつるぎ】?を復活させ、封印されていた精霊ルビスの封印を解く。
【にじのしずく】で虹の架け橋をかけ、大魔王【ゾーマ】の城で父と再会を果たすものの目の前で父を失ってしまう。
竜の女王から授かった光の玉の力でゾーマを倒し全世界に平和をもたらし、ラダトームに古くから伝わる「ロト」の称号を授かるも、仲間たちにも何も告げずラダトームの城を去る。
その後勇者の姿を見たものは誰もいないが、彼こそが伝説の【勇者ロト】として語り継がれることになる人物である。

そして 伝説が はじまった…!

EDではギアガの大穴が塞がってアリアハンに戻れなくなるため不幸な印象があるが、製作者は「後に無事にアリアハンに帰ったと考えてくれてもいい」(DQⅢ マスターズクラブより)と言及している。
その為か二次創作でも、小説版はアレフガルド残留、ゲームブック版は特定条件で上の世界に帰還。
Ⅲのその後を描いたロトの紋章では子孫が上の世界に帰還、とその結末はバリエーションに溢れている。

なお、リメイク版にて彼(女)をルイーダの店に預けたままゾーマを倒しても、EDでは「○○○○ならここにいますよ」という【ルビス】の声と共に無理やりアレフガルドに召喚させられる。
【ルイーダ】に登録された、「彼(女)に関わらなければずっと上の世界で暮らしていただろうキャラ」を
アレフガルドに置き去りにするよりケジメをつけて自ら召喚された、みたいな意味があるのだろうか?
まぁ単に演出の都合だろうが。

キャラクター性能

Ⅲの勇者は戦士や武闘家より力や体力は低いが、戦士よりは素早さが高く、中間的な位置にあった。
呪文もバランスが良いというか中途半端だが、デイン系とベホマズンを覚える事もあってボス戦で重要な役割を担う。
神に選ばれた職業で他の職業に転職したり勇者に転職したりできないが、リメイクに伴ってそれが考慮されたのか、
なんと力と体力の成長速度が戦士並に、素早さは微妙だが性格や装備で十分補正可能な程になり、驚異的な強さになった。

「成長が遅い」と言われる割に中盤から異様な速度でレベルがあがる。
そして勇者専用装備によりブレスや魔法対策も完璧。隙がない職業となる。
更には雷神の剣、王者の剣、稲妻の剣等を装備できる為に、これらを道具として使用できる点も見逃せない。
優秀な女性装備が多い中で男女であまり差がない唯一の職業である。
ただ、ギガデインやベホマズンを連発できるのはにどうかと思われたのか、他能力に比べてかしこさ(=MP)が低い。

勇者専用装備は後にロトの武具となる【おうじゃのけん】【ゆうしゃのたて】【ひかりのよろい】と、やや微妙だが【オルテガのかぶと】

習得呪文

習得Lv 習得呪文・特技
Lv1 【おもいだす】
Lv2 【メラ】
Lv4 【ホイミ】
Lv6 【ニフラム】
Lv7 【ルーラ】
Lv8 【もっとおもいだす】
Lv10 【ギラ】
Lv12 【アストロン】
Lv14 【リレミト】
Lv15 【わすれる】
Lv16 【ラリホー】
Lv18 【マホトーン】
Lv19 【トヘロス】
Lv20 【ふかくおもいだす】
Lv23 【ベギラマ】
Lv26 【ライデイン】
Lv29 【ベホイミ】
Lv31 【イオラ】
Lv33 【ベホマ】
Lv35 【ザオラル】
Lv38 【ベホマズン】
Lv41 【ギガデイン】
※習得Lvは一般的なもので、賢さの値によって上下する可能性がある。
また、おもいだす、もっとおもいだす、ふかくおもいだす、わすれるはリメイク版のみ。

DQⅨ

再登場したバラモス、ゾーマを倒す事(or期間限定で【Wi-Fiショッピング】)で、
彼(女)のコスプレ装備が手に入り、コンプリートすると、「そして伝説へ…」の称号がもらえる。
Ⅳ主人公とは違い、男女で装備品は共通である。

DQMB

男勇者が登場。SPカード「ギガデイン」「光の玉」をスキャンすると登場する。原作でデフォルトネームがないため、名前は「伝説の勇者」となっている。頭の冠が金色(Ⅲの賢者の冠に近い)になっていたりと、原作とは多少デザインが違う。

DQMBⅡL

ダーマの神殿チャレンジバトルで男勇者が登場。
彼に勝利すると勇者への転職が可能となる。
【バーバラ】と同様、お供は連れておらず単身で戦う。

能力はHP:2800 ちから:255 かしこさ:192 みのまもり:128 すばやさ:55。

使用技は「ロトの剣技」と「デインブレイク」。
前者は王者の剣で素早い連続斬りを繰り出す2回攻撃。後者は稲妻の球を放って相手の動きを封じ、球諸共切り裂く特技。
打撃・雷・光の3つの属性に加え、マヒの追加効果を持つ。

能力が全体的に高く、勇者の盾を装備しているため物理・特技をガードすることがある。
また、ゆうきの溜まる速度が速く(素で速いのに加え、ロトの剣技の影響もある)、つばぜり合いに勝ったとしても「光の玉」を使われて追いつかれることも珍しくない。

打撃・炎・灼熱に強く、風・氷・暗黒に弱い。【ドラゴンゾンビ】のいてつく風などが効果的。

ちなみに、とどめの一撃では【ギガブレイク】を放つ。