※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQMB

モンスターバトルロードⅡに登場する究極必殺技。
外伝作品に登場する同名のモンスターについてはこちらを参照。

とどめの一撃でSPカード【いてつくはどう】または【進化の秘法】、もしくはレジェンド魔王カードの【魔剣士ピサロ】、レジェンド大魔王カードの【魔族の王デスピサロ】をスキャンすると発動。
【ピサロ】が闇のオーラを開放し、敵全体を空間ごと真っ二つに切り裂く。
プレイヤーのとどめの一撃のみならず、魔王として登場するピサロ、大魔王として登場する【デスピサロ】も魔力ゲージが満タンになるとこれを放ってくる。
これを食らうと負け決定だが、悔しいからといって筐体をバンバン叩いたりしないように。

なお、デスピサロから人間体のピサロに戻って攻撃するという他の大魔王とは逆の演出になっている。
2章から【いてつくはどう】が排出され、プレイヤー側も「ピサロのカード」を使えるようになったため、アニメーションの手間削減のためだろうか。

余談

元ネタは鳥山氏が作画を担当するスクエニ(旧スクウェア)作品の「クロノトリガー」の登場人物・魔王(ジャキ)が使用する同名の技だろうか。
彼はリメイク版のピサロに先駆けて登場した「仲間になる魔王」であり、「魔王の最大暗黒魔法」としてダークマターを使う。

また、ダークマターだけでなく、そもそもピサロが仲間になるという設定自体がジャキのオマージュなのかもしれない。