※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅨ

Ⅸの序盤のボスモンスターで、ルディアノ城で戦うことになる。
美女の姿をした悪魔のモンスターで、色違いには【ヘルヴィーナス】が居る。
外見的にはⅧのウィッチレディに似ているが、黒目のない深紅の瞳や真っ青な肌など、より悪魔らしさを全面に出したデザイン。
元々は、ルディアノ王国を滅ぼすために現われた女悪魔である。
しかし、仕事の途中でイケメン騎士のレオコーン(→【なぞの黒騎士】)に一目惚れした。
惚れた男を異空間に軟禁するあたり、とても心が病んでおられる。
ルディアノ王国はちゃんと滅ぼしたので、本来の仕事は忘れてはいなかった模様。
と思ったら、レオコーンに夢中になるあまり、仕事を忘れていたようである。
そのため、結局は彼女の上司の【いにしえの魔神】が、自らルディアノを滅ぼすことになった。

分類は悪魔系で、序盤の強敵である。
ヒャド、バンパイアエッジ、ぱふぱふ、怪しい眼差し、タナトスハントを使う。
怪しい眼差しは、ククールが使うアレみたいなもん。
彼女と戦う時点では、全体に10程度のダメージというだけでも結構な脅威だが、運が悪いとマヒのおまけまで付く。
また、バンパイアエッジでHPを回復してくるため、長期戦になりがち。
ヒャドやタナトスハントもかなり痛い。
何気に本編唯一の【ぱふぱふ】使い。
今作では、ゼシカほどのナイスバディを誇るキャラクターは作れないためか、余裕の笑みを浮かべて無効化するようなマネはできない。

そういえば、色違いのヘルヴィーナスも、いにしえの魔神が作り出したモンスターだとされている。
いにしえの魔神は美人の女悪魔が大好きなのだろうか。

テリワン3D

悪魔系のAランクとして登場。
メガボディ持ちの2枠モンスターで、何故かデカイ。
【マンドラゴラ】×【プチットガールズ】or【じごくのマドンナ】or【ローズダンス】の組み合わせで生み出せる。
マンドラゴラは比較的簡単だが、もう一方の3匹は他国マスターからしか入手できない為、調達が難しく入手はやや難しめ。
そもそもプチットガールズを作るにはじごくのマドンナかローズダンスが必要なため、いずれにしても2体のうちどちらかは入手しなければならない。図鑑を埋めるのならば、先にじごくのマドンナかローズダンスを手に入れ、【プチット族】と配合してプチットガールズにし、それでこいつを作れば無駄がない。
能力値は賢さと素早さがやや高めだが、その他はあまり高いとは言えず微妙な性能。
「連続(2回)」「ラブリー」の特性を持ち、+25で「マヒブレイク」、50で「ヒャド系のコツ」が加わる。
特性を生かした麻痺撒き要員としての活躍が見込めるが、自身も麻痺に弱いため「たいでんたいしつ」持ちには注意。
「どくが」のスキルならマヒ攻撃を覚えつつマヒガードを会得できるため相性が良い。
黒騎士レオコーンとのいわくつきの配合で【名をうばわれし王】が生み出せる。
Ⅸをやっていると、この配合を成立させてもいいのか迷う想いも生じるかもしれないが、思い切ってやってしまおう。
所持スキルは「ブルーファイター」。