※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅨ

【ドラゴンクエストⅨ 星空の守り人】【主人公】
Ⅳ以来ひさびさに男女選択可能な他、シリーズ史上初めて外見をある程度カスタマイズすることが可能である。
デフォルトの外見は男性が黒髪七三分けの真面目そうな青年、女性はピンク髪青目のボブヘアー。

ある天使の旅路

元々は駆け出しの守護天使であり、師匠【イザヤール】から【ウォルロ村】の守護天使の座を受け継ぎ、
一人前の守護天使となるべく日々修行に励んでいた。
自らが捧げた【星のオーラ】【女神の果実】が実るという歴史的瞬間を目の当たりにするが、
直後に天使界を襲った謎の攻撃により地上へ転落。
頭上の光輪や翼、その他天使としての大半の能力を失ってしまう(ただし幽霊、妖精、天の方舟などが見える能力は残った)。

身分を【旅芸人】と偽り、天使界へ戻る方法を探して旅をする中で、地上に落下した女神の果実が様々な災厄をもたらしている事を目の当たりにした。
頼もしい仲間や【サンディ】と共に次々と発生する事件を追った主人公は、自らの大師匠に当たる天使【エルギオス】がすべての黒幕と知る。
だが、最強の堕天使と化したエルギオスに対し、自身より上級の天使に対して反抗することができない性質を持つ天使たちは対抗するすべを持たなかった。
主人公は女神の果実を食べることで天使の身分を捨て、人間となって世界とエルギオスを救う道を選ぶ。

ある人間のこれから

【神の国】もサンディも【アギロ】も見えなくなった彼は地上に1人残されるが、ある場所で手に入れた新たな女神の果実を食べることで再びサンディ達の姿が見えるようになる。
その後は、アギロから【天の箱舟】の操縦権を託され、宝の地図の洞窟に巣くう魔物の退治や困っている人間のために戦う、
ただ1人地上に残った天使として活躍することになる。
冒険はまだまだ続くのだ。

戦闘能力

戦闘においては非常に主人公らしからぬ主人公。
その能力は、なんと普通の【旅芸人】と全く同一である。
主人公でありながら、主人公特有のステータスを持っていない。
当然転職すれば転職先のステータスになるし、同一の職業に付いている仲間キャラクターと全く同じ成長テーブルでステータスが育つ。

習得呪文や特技についても、他のキャラクターと同じように職業とレベルに応じて呪文を覚え、
他のキャラクターと同じようにスキルによって特技を覚える。
ただ2つ、イベントで修得する【おうえん】【ルーラ】だけは主人公しか使用できない。
とはいえ、おうえんはパーティ全体の戦略にも影響する非常に強力な特技。
基本的にはサポート系の職業に就かせ、味方のアタッカーを応援を絡めて支援する形にすると良いだろう。

装備についても似たようなものだが、【竜戦士のかぶと】【竜戦士のよろい】【竜戦士のこて】【竜戦士のズボン】【竜戦士のブーツ】の竜戦士セットと、【初期装備】である【天使の服】【天使のタイツ】【天使のブーツ】は主人公専用となっている。
これらについても性能面で突出した点があるわけではなく、これまでの主人公のように「主人公だから別段優遇されている」わけではない珍しいキャラである。

余談

本作ではオープニングなどところどころにCGではなくアニメーションが使用されているのだが、外見と服装のエディットが可能という点が足を引っ張ってしまい、本編中のアニメーションでは 主人公と仲間たちを映せない という致命的な問題が発生している。
基本的には視点を工夫して極力写さないようにしているが、【グレイナル】【闇竜バルボロス】の戦いではどうしても主人公を写さざるを得ないため、どんな外見でも同一の見た目になるようにイベント前に上記の竜戦士装備一式を身につけるよう指示される。

ゲーム開始直後に空→滝→ウォルロ村へと落ち、この時も平気だったからと【グビアナ城】屋上から沐浴場へ、
またイザヤールに女神の果実を奪われて【ナザム村】へ、さらにはバルボロスとの戦いで撃墜され【カデスのろうごく】へ…と、やたら高い所から落ちるイベントが多い。