※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅨ

宝の地図の洞窟のうち、遺跡系マップの高レベル地図の深層に出現するモンスター。
【創造神グランゼニス】が、人間を滅ぼすために生み出した破滅の魔獣である。
そういう意味では、グランゼニスの分身である【ハヌマーン】の下位互換なのかもしれない(しかし強さは何故かこちらの方が圧倒的に上である。後述)。
他にグランゼニスが生み出したと明言されているモンスターには【オーシャンボーン】などが居る。
ハヌマーンや【じごくのヌエ】【アルマトラ】の色違いで、目に痛い紫のドギツイ配色が禍々しく、まさに破滅の魔獣といった雰囲気の魔物である。
現在でもグランゼニスの命令を忠実に守っており、人間を滅ぼすために活動している。
その割には、宝の地図の洞窟から出てこないが。

攻撃手段は滅茶苦茶豪華で、鋭い爪で切り裂く強化攻撃、イオナズン、マホカンタ、テンションバーンと、ほとんどボスモンスターみたいな多芸さを誇る。
HPも攻撃力も申し分無い高さで、1ターン2回行動など当たり前。
また、イオナズンもよく暴走してダメージが増えるので、油断はできない。
ただし、眠りやマヒといった状態異常が効く可能性もあるため、まるきりボスのスペックというわけではない。
頭も悪く、戦況に合わせて戦術を変えるようなことはないようである。
弱点は風属性と闇属性で、逆に炎、氷、雷には若干の耐性がある。
即死と混乱と呪文封じ以外の状態異常や補助は概ね有効なので、困ったら使ってみよう。
ドロップ品は通常でかがみ石、レアであくまのムチと、このクラスの敵としては少々物足りない。
無駄な消耗を避けるためにも、戦いは極力避けたいところだ。

色違いのじごくのヌエや、他のボスモンスターの色違いもそうだが、とにかくマップ上ではデカく、強烈な存在感がある。
実際の当たり判定も大きく、狭い通路で無理に通ろうとすると、引っかかって戦闘になることも多々ある。
特にこの系統の場合、こちらを見つけるとビュアール等と同様に正確に追跡してくるため、なかなか振り切れない。
更に、前述通り即死が効かないため、【みのがす】も通じないので注意。
戦闘を回避しようと思うと、ステルスやせいすい、メニュー画面をうまく使い、見つからないように慎重に動く必要がある。

JOKER2プロフェッショナル

魔獣系Aランクでメガボディ2回、イオ系のコツ、強者のよゆうの特性を持つ。
通常配合では生まれず、キングレオ×アンクルホーンで生まれる。
素材はどちらもAランクモンスターなので、前作からの引継ぎを利用すれば、早い段階からでも配合可能。
また、グレイトドラゴンの配合素材になる。
野生のものは遺跡地下のいざないの扉付近に出現する。
能力値は若干微妙で、素早さは高めだが、それ以外の能力が600程度で落ち着いており、良く言えばバランスが良く、悪く言えば器用貧乏な劣化アサシンブロスである。
Aランクなので最強化も可能で、最強化するとつねにマホカンタの特性が加わる。
スキルは【イオ&バギ】
なお、色合いが若干Ⅸと異なっており、アルマトラに近くなっている。