※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

ⅥとⅨに登場するモンスター。
【ウィングスネーク】【ヘルバイパー】の最上位種にあたる、真っ赤な海蛇。
どちらの作品でも状態異常を用いて苛烈な攻撃を仕掛けてくるが、耐性に穴があるのでそこを突けば簡単に勝てる。
攻撃が激しいが倒しやすいという点で言えば、Ⅴのデススパークやフレアドラゴンによく似ている。


DQⅥ

下の海底の内陸部や下の海上・外海部の北南部、沈没船に出現。
麻痺攻撃に焼けつく息と、こちらを麻痺させる攻撃を多用する危険な敵。
攻撃力も高く、特に沈没船など馬車が入れない所では、下手すると全員麻痺して全滅させられる。
最大でも3体までしか出現しないのが救いだが、不意打ちされたり素早さの低い職業で固めていたりするとヤバい。
麻痺に素でそこそこ耐性がある人間はともかく、耐性が無い仲間モンスターは簡単に動けなくなってしまう。
かなり危険な敵なのだが、メダパニが確実に効く上にラリホー等の殆どの補助が効きやすい。
ザキでも倒せるので、とっとと無力化するか真っ先に倒してしまうのが一番。
また、誰かに呼ばれて戦闘から去ってしまう奇行に出ることも。
あまり危険視されていないのは、そういった弱点のせいだろうか。

DQⅨ

外海や後半に訪れる各地の海岸に出現。宝の地図の水マップでも出現する。
焼けつく息と猛毒攻撃を使う絡め手の多さは健在だが、ザキ系が非常に効きやすい。
ヒャダルコやザラキを使えばほぼ一掃できる。
少々分かり辛いが、ドラゴン系に分類されているのでドラゴン斬りも有効。

なおⅨのモンスター図鑑では、2ページ目でこう書かれている。
「海蛇という名を嫌いイケてる名前にしたのだが、海にいる長いヤツねと言われショックを受ける。」
オーシャン(海)ナーガ(長)……くだらなすぎる上に、わかり辛いぞ!!