※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

Ⅸに登場するパラメータ。
Ⅸで新たに作られた、回復能力に影響する能力値。
回復に関わる魔力。作中では「かいふく魔力」と表示されている。
この値が高くなると、回復呪文によるHP回復量が増加したり、即死呪文の成功率が上昇する。

攻撃呪文と違い、回復呪文はこちらのHPという限界もあり、僧侶のベホマなどは回復魔力に影響されないため軽視されがちな能力値だが、
単純な効果の比率は攻撃呪文よりも大きいため、上げておけば賢者やレンジャーはかなり重宝するだろう。


影響

回復呪文、特技

例として、ホイミはHPを30~40回復させる呪文だが、パラメータが一定の数値を超えると回復量も増えていき、
最終的には、ホイミでベホイミの基準値の2倍近く回復出来るようになる(ホイミの最高回復量は155~165)。
当然、これは最高値の999の場合ではあるが、その効果は高い。
最高値で無くとも、回復魔力700あればベホイムでは400以上、ベホマラーでも軽く200以上回復できるようになる。
また、ザオラルや杖の秘伝書特技ふっかつのつえにも影響する。
これらは成功率が50%・蘇生時のHP回復量が25%となっているが、
パラメータが上がれば成功率は最高で75%まで上がり、HP回復量も最高で50%にまで上がる。
なお、敵にはこのパラメータは設定されておらず、敵のザオラルの成功率は50%で固定である。

ちなみにⅨの僧侶はラリホーを覚えるのだが、そちらは【こうげき魔力】で判定される。
他の補助呪文の大半も攻撃魔力で成功率が上がるため、実は回復魔力で左右される呪文は攻撃魔力に比べると数が少なくなっている。

即死系呪文、攻撃特技

一方で、攻撃呪文の威力に影響するのは攻撃魔力であるのに対し、僧侶が覚える【ザキ系】呪文に関しては、このステータスが高いほど命中率が上がる。
つまり回復魔力が低い時点だと成功率は低いが、かなり高くなるとある程度即死系に耐性を持っている敵に対してもそこそこ当たりやすくなる。
回復に関する魔力が即死させる確率に影響するという、意味深なパラメータでもある。
パラディンの秘伝書の特技【グランドネビュラ】の威力も、このパラメータに依存する。

パラメータ変化方法

【聖なる祈り】で2段階上昇の値を2倍(+100%)に、【神秘のさとり】で1段階上昇の1.5倍に引き上げることが可能。
いずれも持続ターンは6~9。

なお、一時的に下降させる手段は存在しない。

職業による差

職業別の高さでは、僧侶が最も高く、次いでスーパースター、賢者の順。
戦士やバトルマスターといった物理攻撃職や、攻撃呪文が得意な魔法使い等は0のまま成長しない。

底上げ

ドーピングアイテムは【しんこうのたね】
入手は宝箱かワイトキングのレアドロップが基本だが、Wi-Fiショッピングでは品揃えに入れば10000Gで買える。
高いか安いかはプレイヤー次第だろう。

僧侶の固有スキル【しんこう心】で+180、賢者の【さとり】で+60、旅芸人の【きょくげい】とパラディンの【はくあい】で各+30と、最高で300底上げする事が可能。

参考項目