※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

実在する金属の一種。
DQにおいてはⅨにて武具の材質として採用された。
錬金を用いることにより、「鉄」→「鋼鉄」→「玉鋼」という順番で、様々なアイテムを強化することができる。

現実の玉鋼は日本刀等の素材として使用される、昔ながらの精錬方法によって得られる非常に純度の高い鋼鉄。
硬度は高く刃の部分には最適であるがその分折れやすく、DQのように打撃武器や防具にまで用いられることは少ない。
日本刀は芯に柔軟性が高く折れにくい鉄を使い、それに玉鋼を巻きつけるように外側に接合することによって
「折れにくい」「曲がりにくい」の両立を実現している。

DQⅨ

鋼鉄より1ランク高い金属として登場しており、これを用いた武器防具一式が登場している。
これらのアイテムはいずれも錬金限定入手できるもので、
「はがねの◯◯」と【てっこうせき】×2、そして【ヘパイトスのひだね】を錬金することで、
「たまはがねの◯◯」が誕生する。
「はがねの◯◯」はいずれも序盤で購入できる「てつの◯◯」を錬金して作る武器防具であり、
これらの玉鋼シリーズは言わば錬金初心者にとっての1つの終着点となっている。

たまはがねシリーズ一覧

たまはがねの名を冠する武器・防具は以下の通り。


武器に関しては一度錬金するごとに攻撃力が15程度アップするため、
「鉄」→「鋼鉄」→「玉鋼」という錬金過程でおよそ攻撃力30ポイントのアップが見込め、なかなか強力な武器になる。
元手1000G程度で中盤まで武器の購入が不要になるので、ぜひオススメしたい錬金の一つである。
だが、防具に関してはⅨの防具細分化の影響をモロに受けており、
1度の錬金での強化値は3~4ポイントと非常に少ない。
錬金素材を拾い集める手間に見合わないため、防具も玉鋼にするのはあまりオススメできない。

なお玉鋼シリーズは序盤錬金の終着点であり、基本的にはここからの更なる強化アイテムは存在しない。
ただし、【たまはがねのかぶと】だけは【もうぎゅうヘルム】に強化することができる。
更にもうぎゅうヘルムは【バッファローメット】に強化できるので、兜だけは元が同じ品を長く使い続けることができるようになっている。