※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅨ

宝の地図のダンジョンのボスとして登場するモンスター。
能力としては、本編で戦った【ゴレオン将軍】の上位互換。
実際に色違いである。
二日酔いで寝込んでいたところ、気が付いたら封印されていたという、他の宝の地図の洞窟のボスのマジな雰囲気とは一線を画している設定を持つ。
ただの酔っ払いだが、何だかんだで宝の地図のボスの例に漏れず、ちゃんと宝の地図絡みのストーリーに関係のある台詞を言う。
と言うか、多分こいつが一番ダイレクトに核心を突いた発言をする。
本人曰く、自分は元々神様で、宮殿でかわいい娘と一緒に楽しく暮らしていたが、今では封印されてしまったらしい。
酔っ払いの言う事ではあるが、奇しくもこいつの発言内容に一致する奴が居る。
モンスター紹介によると、恐い顔だが心優しい魔物らしい。うみうしひめもそうだったよね。
名前の由来はイボイノシシ。

将軍から一気に軍曹まで格下げされているが、こちらの軍曹殿の方がずっと強力。
全体攻撃の鉄球振り回しに混乱効果が付いたほか、超雄叫びを使う。
もちろん、強力な物理型ボスであるブラッドナイトやアトラスの後に出てくるだけあって、攻撃力も非常に高い。
全体攻撃に備えて身の守りを固める必要があるので、スクルトを使えない僧侶よりかは、賢者を連れて行くと良いだろう。超雄叫びや混乱でペースをかき乱される点にも要注意。
氷属性が弱点。

「ぬすむ」を使うと闘魂エキスが手に入る他、たまにだが戦士の鎧を落とす事もある。
持っている【2%防具】は、戦士系職業の最強の頭部防具の元となる慈愛の兜。
これを他の素材と錬金すると奇跡の兜や審判の兜が作れる。
スーパールーレットで狙う際は混乱や超雄叫びが厄介に思えるが、実はコイツの場合、凍て付く波動を使ってこないため、スーパーハイテンション状態になれば完封できてしまうのだ。
とはいえ普通にテンションを上げていると途中で邪魔されやすいため、テンションマスターを使うと良いだろう。

テリワン3D

【魔剣神レパルド】【邪眼皇帝アウルート】と共に登場。自然系のSランク。
ゴレオン将軍と【バルバルー】の配合で生み出せる。
バルバルーが配信限定である都合上、通信無しでの入手は不可能。
特性はスタンダードボディ、会心出やすい、AI1~2回行動。
プラス値25でときどきテンション、50でカウンターが追加される。
全体的な特性、耐性、ステータスはゴレオン将軍と同傾向にあるが行動回数が増えた影響で全体的にゴレオン将軍よりステータスは落ちる。
中でも怪力なのに攻撃力は800にも届かなかったり守備力に至ってはゴレオン将軍の半分以下という散々なステータス。HPは非常に高いがそれでも耐久面に不安があると言わざるをえない。
ゴレオン将軍と比べ一部の耐性は上がっているものの半減とはいえザキに完全耐性がなくなっていたり無効だった眠りが弱点になっていたりと耐性面でも散々な扱いである。
どっちが上位種か分からないような事態になっている。
所持スキルは「ふうらいの剣技」。
【魔戦車ダビド】との配合で【魔戦士ホゲイラ】を生み出せる。