※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅢ

ドクロの上に乗った気味の悪いカラスの魔物。
上位種に【デスフラッター】が存在する。

【アリアハン】周辺に出現する。スライムよりちょっと強い。
やや素早くこちらの攻撃を回避することもあるので侮れない。
Ⅲでは序盤の味方のステータスがかなり低く、最大HPが1ケタしかないことも多い。
油断するとやられてしまうので、HPの低い仲間は防御するなど慎重に戦おう。
こちらのHPに不安がある時は、攻撃を回避されるとかなりまずいので、メラで片付けた方が良い。

Ⅲ以外の本編には登場しないものの、マイナーモンスター扱いされていないのは、
Ⅲの人気の高さと序盤も序盤に出現するのでインパクトがあるからだろうか。
しかし、モンスターズ1、2では上位種のデスフラッターに出場機会を奪われてしまっている。

DQMJ

久々に復活。本編とは打って変わってBランクのそこそこ強豪モンスター。
もっとも配合限定で、能力値の伸び、上限共にまずまずだが、ものすごく高いというわけではない。
【みかわしアップ】の特性を持っているので意外と打たれ強くはある。ドクロに乗っているせいか、ゾンビ系である。

DQMJ2

系統が自然系に変更。ランクはBのまま据え置きで、配合限定なのも相変わらず。
特性に【わるぐち】が追加されたので、テンションを上げる相手には効果的か。

DQMJ2P

引き続き自然系Bランクで配合限定。
特性に「ドルマ系のコツ」が追加。最強化すると「いきなりぎゃくふう」が加わる。

テリワン3D

デスフラッター登場の影響か、ランクが一気にFまで低下。
本編での立ち位置を考えれば、妥当な位置に収まったと考えるべきか。
今作では他国マスターが連れている場合があり、初めて直接スカウトできるようになった。
特性はスタンダードボディ、みかわしアップ、わるぐち。+25でドルマ系のコツ、+50でときどき黒い霧が追加される。
これまでは位階配合で作ることができたが、今作では【ピッキー】×ゾンビ系の配合でしか生み出せない。
烏仲間(?)の【やたがらす】との配合でデスフラッターを作れる。
所持スキルはDQMJから一貫して【フェザーウインド】