※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅦ

Ⅶに登場するメッセージ。
過去のレブレサックの村に登場する神父が、村を去る際に教会の机の上に残していったメモである。
村で起こった出来事と、彼自身のことについては【レブレサック】【レブレサックの神父】を参照。
短い文だが、そこから読み取れる神父の尊さはプレイヤーの心を激しく揺さぶる。
人間の醜さが描かれることが多いⅦにおいて、稀有なシーンであると言える。
メモの全文は、
 いかなる苦しみの時も
 いかなる悲しみの時も
 いかなる時も
 人を信じ 人を愛せ