※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

Ⅸに登場するボス。
【ダーマ神殿】の大神官が【女神の果実】を食べることで魔物化したもの。
【ダーマの塔】の最上階から続いている部屋で戦う。
【いにしえの魔神】【破壊神フォロボス】の色違いだが、このボスが最初に出会う個体となる。
また、レベル10台にして早くも登場する???系の魔物である。
武器は腕についている巨大な針で構えが何か紳士的である。

なお、ジャダーマという名は本人が魔物化したその場で考えたもので、その際の他の候補は「アクダーマ」「ワルダーマ」もあった。
即興とはいえ直球すぎるネーミングには突っ込まざるを得ない。
また、似ている点からか、プレイヤーからはたまに「邪魔だ」と言われたりする。

DQⅨ

「マホトラ or スカラ」 → 「打撃 or いなずま」→「バギ」のローテーションで、
奇数ターンには2回行動する。

特にバギはほぼ必ず暴走して威力が上がるので注意。
いなずま→バギとターンを挟んで行動されると、回復が間に合わなくなる。
ホイミが使える仲間以外にもやくそうを持たせて、いつでも回復できるようにしておこう。
マホトラは呪文中心のキャラに何度も喰らうと、ジリ貧になるのであまり長期戦は避けたいところ。
しかし、それを防ぐようにスカラを使ってくるのが、またいやらしい。

弱点は光と土属性だが、おそらくこの時点ではこれらの属性は使用できない。
守備力低下が効きやすいので、ルカニを使って打撃で攻めるほうが良い。
また、呪文封じが低確率で効く。この時点ではマホトーンを使える仲間は居ないが、
魔法使いが【杖スキル】を上げていれば【まふうじのつえ(特技)】を習得している可能性がある。
上手くいけば、厄介な呪文を封じて行動を大きく制限させられるので、戦況を有利に運べるだろう。
なお、ツォの浜で売っているゴームの手袋や長靴があればいなずまのダメージを軽減できるので、回復役に装備させたい。
ここのイベントを経なくてもツォの浜の店は利用できるので、先に寄っておくのも手。

倒すと、必ずようがんのカケラを落とし、元の大神官の姿に戻り、我を取り戻してダーマ神殿へと戻ってゆく。
こうしてようやく転職が出来るようになる。