※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

Ⅰ、Ⅷなどに登場する黄色いサソリのようなモンスター。
上位種族に【てつのさそり】【しのさそり】がいる。


DQⅠ

マイラの村周辺や岩山の洞窟などに出現する。行動は通常攻撃のみ。
この系統は異常な守備力の高さで有名だが、実はFC版だとコイツだけ大して守備力は高くなかった。
リメイク版では守備力が16→35にアップという2倍近いドーピングがなされ強敵に。
発売当時のコロコロコミックの紹介記事にも、強敵であることが指摘されていた。
いずれにしろ呪文はよく効くので、【ギラ】の実験台になってしまう。
特にリメイク版では呪文の大切さを教えてくれるという、ある意味DQの基本を知る重要な存在である。

DQⅧ

【さそりアーマー】系を蹴って登場し、毒攻撃とスカラを使うようになった。
船着場東部やアスカンタの一部の森林という、あまり歩かないような場所にしか出ないので、図鑑コンプの穴として有名になってしまった。
守備力は高めだが、炎系や毒・マヒ攻撃がやや効きにくい以外はほぼ全て有効なので、強い敵でもない。
落とすアイテムは通常枠が【どくけし草】、レア枠が【鉄のヤリ】
スカウトモンスターとして【サシタル】がパルミド地方の砂漠にいるが、HPが低く高ランクでは役立たず。

DQMCH

自然系のAランクになっており、大幅にパワーアップを遂げた。しかし割と地味。
さそりということで、野生ではムーンブルク西部の砂漠に出現する。
ステータスは攻撃と防御が序盤に急成長し、その後HPとMPがすさまじく成長する。
習得特技はどくこうげき、ねむりこうげき、トラマナ。

DQMJ

自然系のFランク。サンドロ島の外周を多数徘徊している。
ランクの割りに守備力が高いが、HPが低いためそれほど硬くは無い。
【ぐんたいガニ】×自然系で誕生するが、野生のものを捕まえたほうがいいだろう。
【エビラ】と配合すると【はさみくわがた】が生まれるが、やはり野生のものを捕まえたほうがいい。
特性は【かいしんでやすい】【ビリビリボディ】
所持スキルは【むしのしらせ】

DQMJ2、DQMJ2P

自然系のDランクに格上げされた。断崖の入り口付近に生息している。
ジョーカー2ではエビラと配合するとはさみくわがたが生まれていたが、プロフェッショナル版でははさみくわがたにゾンビ系を配合するとこいつが誕生する。
また、プロフェッショナル版では【よろいムカデ】と配合すると【メダパニシックル】になる。
特性は会心でやすいと【マヒ攻撃】
プロフェッショナル版で強化するとどくブレイク、最強化すると【ライトメタルボディ】の特性を得る。
プロフェッショナル版では守備力は4桁に達する。

テリワン3D

【まよいのとびら】に生息しているほか、はさみくわがた×ゾンビ系でも誕生する。
守備力の限界値が1200になり、かなり硬い。
特性は前作のどくブレイクがマヒブレイクに変わっただけ。
だがそっちの方が相手の動きを止められるので有用ではある。