※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

Ⅳに登場する、読んで字のごとくドデカいニワトリ。いい肉が取れそうだ。
ニワトリのくせになぜか前脚があり、おまけに背中の小さな羽で飛んでいる。
大ニワトリといってもせいぜい人間大くらいだろうと思われていたのだが……?

DQⅣ

おおにわとり→【ドードーどり】【マンルースター】と続くオオニワトリ属の最下位モンスター。
主に1章の【湖の塔】で遭遇。
クチバシで突かれると稀に眠らされることもあるので要注意。

この時点としては高い攻撃力を持ち、集団で現れ眠り攻撃をしてくる。
装備品やレベルが中途半端だと全滅させられかねない強敵。
地味にギラ耐性があるので、【はじゃのつるぎ】の道具使用がほぼ通用しない事に注意。

DQM

1では【とまどいのとびら】【やすらぎのとびら】【バザーのとびら】に出現。
配合パターンがないため、使いたいなら野生のものを捕まえて強化するしかない。
砂煙・真空斬り・受け流しを習得する。
2のイル編では天空の世界に出現するが、ルカ編ではストーリー上の世界には出現しないため、
他国マスターから奪うか不思議な鍵の世界で捕まえるしかなく、キリキリバッタ同様図鑑埋めの障害となるモンスターである。

1ではドラゴン系と配合して【とさかへび】を作る以外の特殊配合がなかったが、
2では【スライム】【お見合い】させることで【ワンダーエッグ】を生む役目を仰せつかった。
なお、ワンダーエッグが作れるのはお見合いのみであり、通常の配合をするとただの【はねスライム】になる。
図鑑ではわざわざ「にくはおいしい」と説明されている。まさか【ほねつきにく】って…

DQMJ2P

プロフェッショナルに堂々の2枠で登場。自然系Eランク。
密林で青宝箱に立ち塞がっており序盤から戦うことが出来るが、レベルとステータスが高いため、
Ⅳのようなさほど強くないこいつを想定して立ち向かった数々のプレイヤーをケツで返り討ちにしてきた。
配合で簡単に作れるので無理にスカウトする必要はない。クリア後はレベル40の強おおにわとりが出現する。
最強にすれば特性に「ときどきテンションアップ」が追加される。
攻撃力・素早さ・賢さがいずれも非常に高く、対戦でも最強ゲモンと並んで人気が高い。
しかし、マインドに弱いのでハートブレイクやおたけびで完封されないように対策をしておこう。
所持スキルは「ハンター」。