※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQM

モンスターズ1の異世界のひとつ。星降りの大会に優勝してエンディングを迎えた後に挑戦できる、魔王が主を務める旅の扉の一つである。
名前の由来は、ボスを務める【シドー】【ハーゴン】が、「破壊」の神とその神官であるため。
全29階層。植物系オンリーの旅の扉だが、【マタンゴ】【じんめんじゅ】【マンドラゴラ】【ローズバトラー】【わたぼう】といった野生で生息していないモンスターは出現しない。
マタンゴは植物系×ゾンビ系で簡単に作れるのだが、【メダルのとびら】で一応ボスとして登場するからだろうか?

他の旅の扉と違って特殊で、2回攻略しないと攻略した事にならないという、他では無い特殊な仕様になっている。
ボスは1回目がハーゴン、2回目がシドー。
1回目のボスのハーゴンは、原作と同じくイオナズンを使うほか、ベギラマの代わりにベギラゴンも使う。
この二つだけなら、ここまで来たパーティには脅威にならない(これくらいの攻撃はクリア前に【さばきのとびら】で戦えるアクバーが既にやっている)。
しかし、最も警戒すべき特技は【バズウしょうかん】である。
バズウが戦列に加わると、【ジゴスパーク】が飛んでくる可能性が出てくるうえ、せっかく補助呪文を使っても【いてつくはどう】で元に戻されてしまうなど、途端に苦戦するようになる。
ぶっちゃけ、ハーゴンの強さの半分はバズウにあると言っていい。
しかし、召喚には失敗の可能性がつきまとうので、運が良ければ能力が低くてもゴリ押しできなくもない。
また、こちらが凍てつく波動を使えば、逆にバズウを一発で消すことが出来る。

ハーゴンの服がやたらとはためいているのが特徴的。原作とは違い、祈りの最中ではなく、眠っている最中だったらしい。
その為、台詞も「祈りを邪魔する者は?」ではなく、「眠りを邪魔する者は?」になっている。大神官は暇なのだろうか?
倒すと【わたぼう】が「おや?まだ魔物の臭いがするな……。まあいいか!さあ帰ろうぜ!!」と流してしまうせいで、再び潜る羽目になる。

2回目のボス、シドーは、【しゃくねつ】【かがやくいき】【ジゴスパーク】と、もはや特技が原型をとどめていない。
灼熱は【はげしいほのお】が成長したと考えられなくも無いが。
ジゴスパークは防げないが、【きょうふう】で息を跳ね返すのは有効。輝く息なら3体パーティーで540程度のダメージを与えられる。

ちなみにここのシドーには台詞がある。台詞は、
「…………わが……な…は………  はかい……の………か…み……  …シ……ドー…………。われの…… もとめるは………  ハカイ!!」
こいつ…喋るぞ?